今日の臨床サポート

麻疹

著者: 上山伸也 倉敷中央病院 感染症科/感染制御室

監修: 山本舜悟 京都市立病院 感染症科/京都大学 医療疫学(非常勤講師) 

著者校正/監修レビュー済:2019/09/06
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 2歳未満の小児においては、ビタミンAの投与によって死亡率が低下する可能性がある(推奨度1)。
  1. 成人の麻疹による重症肺炎では、リバビリンの投与を考慮してもよいと思われる(推奨度3)。
  1. 暴露歴、予防接種歴、典型的な皮疹やコプリック斑があれば、比較的診断は容易であるが、皮疹が出現する前のカタル期に診断するのは周囲の流行がなければ、不可能に近い。感染力も強いため、麻疹ワクチンの徹底が重要である。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
上山伸也 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:山本舜悟 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、医療従事者の感染対策について加筆を行った。 

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 麻疹とは、麻疹ウイルスによる感染症で、咳嗽、鼻汁、結膜炎や、顔面、耳の後ろから始まり、やがて体幹、四肢へと広がる発疹を認める疾患である。いわゆる、「はしか」と呼ばれる疾患である。
  1. 空気感染が主たる感染経路である。潜伏期間は通常10日間(8~12日)であり、この潜伏期間に合致するタイミングで曝露歴を認めることがある。
  1. 麻疹の診断は通常臨床的になされる。ポイントは下記の通り。
  1. 潜伏期間は通常10日間(8~12日)であり、この潜伏期間に合致するタイミングで曝露歴があること。
  1. Koplik斑の存在。
  1. カタル期に麻疹で典型的な症状とされる咳嗽、鼻汁、結膜炎の3つがみられること。
  1. 顔面、耳の後ろから始まり、やがて体幹、四肢へと広がる発疹が認められること。
  1. 検査による診断は下記の通り。
  1. 麻疹IgM抗体の上昇を証明する。
  1. ペア血清にて、麻疹中和抗体の4倍以上の上昇を確認する(NT法もしくはPA法)。
病歴・診察のポイント  
  1. 予防接種歴を確認する(Primary vaccine failureはおよそ5%と報告されている)

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Y Huiming, W Chaomin, M Meng
雑誌名: Cochrane Database Syst Rev. 2005 Oct 19;(4):CD001479. doi: 10.1002/14651858.CD001479.pub3. Epub 2005 Oct 19.
Abstract/Text BACKGROUND: Measles is a major cause of childhood morbidity and mortality. Vitamin A deficiency is a recognized risk factor for severe measles infections. The World Health Organization (WHO) recommends administration of an oral dose of vitamin A (200,000 international units (IU), or 100,000 IU in infants) each day for two days to children with measles when they live in areas where vitamin A deficiency may be present.
OBJECTIVES: To determine whether vitamin A therapy, commenced after measles has been diagnosed, is beneficial in preventing mortality, pneumonia and other secondary complications in children.
SEARCH STRATEGY: We searched the Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL) (The Cochrane Library Issue 1, 2005), MEDLINE (1966 to March 2005), EMBASE (1980 to December 2004) and looked for unpublished studies.
SELECTION CRITERIA: Only randomized controlled trials in which children with measles were given vitamin A or placebo along with standard treatment were considered.
DATA COLLECTION AND ANALYSIS: Studies were assessed independently by two authors. The analysis of dichotomous outcomes was done using the StatXact software and results expressed as relative risk (RR) with 95% confidence interval (CI). Subgroup analyses were carried out for dose, formulation, age, hospitalization and pneumonia-specific mortality. Weighted mean differences (WMD) with 95% CI were calculated for continuous outcomes.
MAIN RESULTS: There was no significant reduction in the risk of mortality in the vitamin A group when all the studies were pooled using the random-effects model (RR 0.70; 95% CI 0.42 to 1.15). Using two doses of vitamin A (200,000 IU) on consecutive days was associated with a reduction in the risk of mortality in children under the age of two years (RR 0.18; 95% CI 0.03 to 0.61) and a reduction in the risk of pneumonia-specific mortality (RR 0.33; 95% CI 0.08 to 0.92). There was no evidence that vitamin A in a single dose was associated with a reduced risk of mortality among children with measles. There was a reduction in the incidence of croup (RR 0.53; 95% CI 0.29 to 0.89) but no significant reduction in the incidence of pneumonia (RR 0.92; 95% CI 0.69 to 1.22) or diarrhoea (RR 0.80; 95% CI 0.27 to 2.34) with two doses.
AUTHORS' CONCLUSIONS: Although we found no overall significant reduction in mortality with vitamin A therapy for children with measles there was evidence that two doses were associated with a reduced risk of mortality and pneumonia-specific mortality in children under the age of two years. There were no trials that directly compared a single dose with two doses.

PMID 16235283  Cochrane Database Syst Rev. 2005 Oct 19;(4):CD001479. d・・・
著者: A L Forni, N W Schluger, R B Roberts
雑誌名: Clin Infect Dis. 1994 Sep;19(3):454-62.
Abstract/Text Between February and April 1991, six adults were admitted to the New York Hospital because of measles pneumonitis. The diagnosis was confirmed by serology and/or viral culture. Uncommon clinical features among patients with this diagnosis included thrombocytopenia, hepatitis, myositis, and hypocalcemia. All patients were markedly hypoxic (initial alveolar--arterial oxygen gradients while the patients were breathing room air, 40-61 mm Hg); four required support with mechanical ventilation. All patients received therapy with intravenous ribavirin (20-35 mg/[kg.d]) for 1 week. The respiratory status of five patients (one of whom was positive for human immunodeficiency virus [HIV]) who were treated early (days 2-5 of illness) promptly improved; all abnormal parameters eventually returned to baseline. Treatment of the sixth patient, who was presumed to be HIV-infected, was initiated on hospital day 22; this patient died of progressive oxygenation failure on day 38. We conclude that life-threatening measles pneumonitis in adults may be more common that previously appreciated, regardless of the patient's immune status. Therapy with intravenous ribavirin was well tolerated by our patients and was associated with reversal of respiratory compromise.

PMID 7811865  Clin Infect Dis. 1994 Sep;19(3):454-62.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから