今日の臨床サポート

風疹

著者: 上山伸也 倉敷中央病院 感染症科/感染制御室

監修: 山本舜悟 京都市立病院 感染症科/京都大学 医療疫学(非常勤講師) 

著者校正/監修レビュー済:2019/10/03
参考ガイドライン:
  1. 国立感染症研究所:医療機関における風しん対策ガイドライン
  1. 日本環境感染学会:医療関係者のためのワクチンガイドライン 第2版
  1. CDC. Prevention of Measles, Rubella, Congenital Rubella Syndrome, and Mumps, 2013: Summary Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2013;62(RR04);1-34.https://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/rr6204a1.htm
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 風疹が疑われた場合には、予防接種歴を確認する(推奨度1) 
  1. 風疹が疑われた場合には、暴露歴を確認する(推奨度1)
  1. 皮疹の出現部位、ひろがり方を確認する(推奨度1)
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
閲覧にはご契
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
上山伸也 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:山本舜悟 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、医療従事者の感染対策について加筆を行った。 

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 風疹とは、トガウイルスに属する風疹ウイルスによって起こる感染症である。
  1. 風疹で認められる皮疹は非特異的であり、臨床症状のみで診断するのは困難である。
  1. 妊婦に感染すると先天性風疹症候群を来す。
  1. 確定診断には急性期と回復期のペア血清で、HI法による抗体価(IgG、IgA、IgM)が4倍以上に上昇していることを確認することが必要である。
  1. 風疹は、感染症法の5類感染症に分類され、診断した医師は、7日以内に(ただし、できるだけ早く)最寄の保健所に届け出る必要がある。また、学校保健安全法で第二種感染症に指定されており、「発疹が消失するまで」を出席停止の期間の基準としている。
病歴・診察のポイント  
  1. 予防接種歴を確認する(primary vaccine failureはおよそ2%と報告されている)

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: S W Bart, H C Stetler, S R Preblud, N M Williams, W A Orenstein, K J Bart, A R Hinman, K L Herrmann
雑誌名: Rev Infect Dis. 1985 Mar-Apr;7 Suppl 1:S95-102.
Abstract/Text One hundred nineteen women susceptible to rubella received RA27/3 vaccine, 94 received either Cendehill or HPV-77 vaccine, and one received a vaccine of unknown strain in the three months before or after their estimated date of conception. They gave birth to 216 living infants free of abnormalities compatible with the congenital rubella syndrome (CRS). The maximum theoretical risk for CRS for these infants was 1.7%. Four of these infants born to susceptible women had laboratory evidence of subclinical infection (three after receiving Cendehill or HPV-77 vaccines and one after receiving RA27/3 vaccine) but were normal at birth and at subsequent follow-up examinations. Rubella virus was isolated from the products of conception for only 3% (1 of 32) of cases involving susceptible women who received RA27/3 vaccine; the reported rate of virus isolation for Cendehill and HPV-77 vaccine is 20%. The available data indicate that if vaccination occurs within three months of conception, the risk is negligible. However, since the actual risk may not be zero, women known to be pregnant should not be vaccinated, and conception should be avoided for three months after vaccination.

PMID 4001743  Rev Infect Dis. 1985 Mar-Apr;7 Suppl 1:S95-102.
著者: Huong Q McLean, Amy Parker Fiebelkorn, Jonathan L Temte, Gregory S Wallace, Centers for Disease Control and Prevention
雑誌名: MMWR Recomm Rep. 2013 Jun 14;62(RR-04):1-34.
Abstract/Text This report is a compendium of all current recommendations for the prevention of measles, rubella, congenital rubella syndrome (CRS), and mumps. The report presents the recent revisions adopted by the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) on October 24, 2012, and also summarizes all existing ACIP recommendations that have been published previously during 1998-2011 (CDC. Measles, mumps, and rubella--vaccine use and strategies for elimination of measles, rubella, and congenital rubella syndrome and control of mumps: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices [ACIP]. MMWR 1998;47[No. RR-8]; CDC. Revised ACIP recommendation for avoiding pregnancy after receiving a rubellacontaining vaccine. MMWR 2001;50:1117; CDC. Updated recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices [ACIP] for the control and elimination of mumps. MMWR 2006;55:629-30; and, CDC. Immunization of healthcare personnel: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2011;60[No. RR-7]). Currently, ACIP recommends 2 doses of MMR vaccine routinely for children with the first dose administered at age 12 through 15 months and the second dose administered at age 4 through 6 years before school entry. Two doses are recommended for adults at high risk for exposure and transmission (e.g., students attending colleges or other post-high school educational institutions, healthcare personnel, and international travelers) and 1 dose for other adults aged ≥18 years. For prevention of rubella, 1 dose of MMR vaccine is recommended for persons aged ≥12 months. At the October 24, 2012 meeting, ACIP adopted the following revisions, which are published here for the first time. These included: • For acceptable evidence of immunity, removing documentation of physician diagnosed disease as an acceptable criterion for evidence of immunity for measles and mumps, and including laboratory confirmation of disease as a criterion for acceptable evidence of immunity for measles, rubella, and mumps. • For persons with human immunodeficiency virus (HIV) infection, expanding recommendations for vaccination to all persons aged ≥12 months with HIV infection who do not have evidence of current severe immunosuppression; recommending revaccination of persons with perinatal HIV infection who were vaccinated before establishment of effective antiretroviral therapy (ART) with 2 appropriately spaced doses of MMR vaccine once effective ART has been established; and changing the recommended timing of the 2 doses of MMR vaccine for HIV-infected persons to age 12 through 15 months and 4 through 6 years. • For measles postexposure prophylaxis, expanding recommendations for use of immune globulin administered intramuscularly (IGIM) to include infants aged birth to 6 months exposed to measles; increasing the recommended dose of IGIM for immunocompetent persons; and recommending use of immune globulin administered intravenously (IGIV) for severely immunocompromised persons and pregnant women without evidence of measles immunity who are exposed to measles. As a compendium of all current recommendations for the prevention of measles, rubella, congenital rubella syndrome (CRS), and mumps, the information in this report is intended for use by clinicians as baseline guidance for scheduling of vaccinations for these conditions and considerations regarding vaccination of special populations. ACIP recommendations are reviewed periodically and are revised as indicated when new information becomes available.

PMID 23760231  MMWR Recomm Rep. 2013 Jun 14;62(RR-04):1-34.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから