今日の臨床サポート

上咽頭腫瘍

著者: 吉崎智一 金沢大学附属病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院

著者校正済:2022/08/31
現在監修レビュー中
参考ガイドライン:
  1. 日本頭頸部癌学会編:頭頸部癌診療ガイドライン2022年版、金原出版、2022年
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 上咽頭癌は日本では8割ほどがEpstein-Barr ウイルス(EBV)陽性の非角化型、残りはEBV陰性の角化型である。
  1. 原発巣の進展範囲診断にはCTに加えMRIが推奨される(推奨度2 SJG)
  1. 上咽頭癌はI~IVA期では放射線治療が基本である。そして、放射線治療は強度変調放射線治療(IMRT)が推奨される(推奨度2 SJG)
アカウントをお持ちの方はログイン
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と なります。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、 著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※同効薬・小児・妊娠および授乳中の注意事項等は、海外の情報も掲載しており、日本の医療事情に適応しない場合があります。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適応の査定において保険適応及び保険適応外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適応の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
吉崎智一 : 特に申告事項無し[2022年]
監修:森山寛 : 特に申告事項無し[2022年]

改訂のポイント:
  1. 頭頸部癌診療ガイドライン2022年版の発行に伴いレビューを行い、推奨度の記入、および一部追記を行った。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 上咽頭に発生する腫瘍はほとんどが分化度の低いEpstein-Barr ウイルス(以下EBV)陽性の悪性腫瘍(上咽頭癌)である。
  1. したがって、EBV抗体価の上昇が補助診断となる。
  1. 上咽頭癌患者の最も頻度の多い臨床所見は頸部リンパ節転移である。
  1. 上咽頭癌自体の腫瘍容積による鼻閉よりも周囲への浸潤により生じる脳神経障害、伝音性難聴、頭痛などが初発症状であることが多い。
  1. 原発巣の進展範囲診断にはCTに加えMRIが推奨される。遠隔転移診断にはFDP-PETが推奨される(推奨度2 SJG)
  1. EBV陽性上咽頭癌は高転移性である。一方EBV陰性上咽頭癌は局所浸潤性である。
  1. EBV陽性上咽頭癌は分化度が低く化学放射線高感受性である。したがって、治療は放射線療法が柱となるが特にIII、IVA期の患者に対しては化学療法を同時に併用することが推奨される(推奨度2 SJG)
  1. 上咽頭癌はI~IVA期では放射線治療が基本である。そして、放射線治療は強度変調放射線治療(IMRT)が推奨される(推奨度2 SJG)
  1. 上咽頭に発生する良性腫瘍としては上咽頭血管線維腫が代表的である。
  1. 上咽頭血管線維腫は思春期に好発する易出血性腫瘍で、鼻出血が初発症状であることが多い。
問診・診察のポイント  
問診、診断のポイント:
  1. 耳閉感や難聴の有無、その経緯

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

A T C Chan, V Grégoire, J-L Lefebvre, L Licitra, E P Hui, S F Leung, E Felip, EHNS–ESMO–ESTRO Guidelines Working Group
Nasopharyngeal cancer: EHNS-ESMO-ESTRO Clinical Practice Guidelines for diagnosis, treatment and follow-up.
Ann Oncol. 2012 Oct;23 Suppl 7:vii83-5. doi: 10.1093/annonc/mds266.
Abstract/Text
PMID 22997460
Nobukazu Fuwa, Takeshi Kodaira, Takashi Daimon, Tomokazu Yoshizaki
The long-term outcomes of alternating chemoradiotherapy for locoregionally advanced nasopharyngeal carcinoma: a multiinstitutional phase II study.
Cancer Med. 2015 Aug;4(8):1186-95. doi: 10.1002/cam4.469. Epub 2015 May 20.
Abstract/Text To examine the long-term outcomes of alternating chemoradiotherapy (ALCRT) for patients with locoregionally advanced nasopharyngeal carcinoma (NPC) and to assess the efficacy of ALCRT for NPC. Patients with stage IIB to IVB, ECOG PS 0-2, 18-70 years-old, and sufficient organ function were eligible for this study. First, chemotherapy, consisting of 5-fluorouracil (800 mg/m(2) per 24 h on days 1-5) and cisplatin (100 mg/m(2) per 24 h on day 6), was administered, then a wide field of radiotherapy (36 Gy/20 fraction), chemotherapy, a shrinking field of radiotherapy (34 Gy/17 fraction), and chemotherapy were performed alternately. Between December 2003 and March 2006, 90 patients in 25 facilities were enrolled in this study, 87 patients were finally evaluated. A total of 67 patients (76.1%) completed the course of treatment. The overall survival and the progression-free survival rates at 5 years were 78.04% (95% CI: 69.1~87.0%), and 68.74% (95% CI: 58.8~78.7%), respectively. The long-term outcomes of ALCRT for NPC were thought to be promising. ALCRT will be considered to be a controlled trial to compare therapeutic results with those of concurrent chemoradiotherapy for NPC.

© 2015 The Authors. Cancer Medicine published by John Wiley & Sons Ltd.
PMID 25991077
Heming Lu, Luxing Peng, Xianbin Yuan, Yanrong Hao, Zhiping Lu, Jiaxin Chen, Jinjian Cheng, Shan Deng, Junzhao Gu, Qiang Pang, Jian Qin
Concurrent chemoradiotherapy in locally advanced nasopharyngeal carcinoma: a treatment paradigm also applicable to patients in Southeast Asia.
Cancer Treat Rev. 2009 Jun;35(4):345-53. doi: 10.1016/j.ctrv.2009.01.002. Epub 2009 Feb 10.
Abstract/Text The majority of nasopharyngeal carcinoma (NPC) patients present at locally advanced stage. The poor prognosis has led to increasing interests in exploring the use of chemotherapy (CT). Intergroup-0099 trial was the first randomized trial comparing concurrent chemoradiotherapy (CCRT) with radiotherapy (RT) alone. Its outcome established the treatment standard in the United States as standard of care for locally advanced NPC. However, criticism has been arisen, particularly about its reproducibility and applicability in Southeast Asia where NPC is an endemic disease. Subsequently, new evidence has been provided by a large number of publications from various centers. In this article, through comprehensively analyzing recent meta-analyses and randomized controlled trials performed in Asian centers, we conclude that CCRT as a treatment paradigm is also applicable to patients in Southeast Asia and should be standard of practice in locally advanced disease. However, the CT regimen varied markedly among those trials, and the optimal regimen and scheduling remains to be determined. Moreover, a number of patients experienced toxicities and the treatment compliance was generally poor. With the emergence of new RT techniques such as intensity-modulated radiotherapy (IMRT) and image-guided radiotherapy (IGRT), the role of concurrent CT with these new techniques needs to be tested. New chemotherapeutics have been investigated in the recurrent or metastatic disease. However, their effectiveness in previously untreated NPC is unclear. Previous efforts have been made for immunotherapy and targeted therapy in palliative setting. Their role in newly diagnosed NPC should be evaluated, particularly when they are combined with CT or RT.

PMID 19211192
M Al-Sarraf, M LeBlanc, P G Giri, K K Fu, J Cooper, T Vuong, A A Forastiere, G Adams, W A Sakr, D E Schuller, J F Ensley
Chemoradiotherapy versus radiotherapy in patients with advanced nasopharyngeal cancer: phase III randomized Intergroup study 0099.
J Clin Oncol. 1998 Apr;16(4):1310-7.
Abstract/Text PURPOSE: The Southwest Oncology Group (SWOG) coordinated an Intergroup study with the participation of Radiation Therapy Oncology Group (RTOG), and Eastern Cooperative Oncology Group (ECOG). This randomized phase III trial compared chemoradiotherapy versus radiotherapy alone in patients with nasopharyngeal cancers.
MATERIALS AND METHODS: Radiotherapy was administered in both arms: 1.8- to 2.0-Gy/d fractions Monday to Friday for 35 to 39 fractions for a total dose of 70 Gy. The investigational arm received chemotherapy with cisplatin 100 mg/m2 on days 1, 22, and 43 during radiotherapy; postradiotherapy, chemotherapy with cisplatin 80 mg/m2 on day 1 and fluorouracil 1,000 mg/m2/d on days 1 to 4 was administered every 4 weeks for three courses. Patients were stratified by tumor stage, nodal stage, performance status, and histology.
RESULTS: Of 193 patients registered, 147 (69 radiotherapy and 78 chemoradiotherapy) were eligible for primary analysis for survival and toxicity. The median progression-free survival (PFS) time was 15 months for eligible patients on the radiotherapy arm and was not reached for the chemo-radiotherapy group. The 3-year PFS rate was 24% versus 69%, respectively (P < .001). The median survival time was 34 months for the radiotherapy group and not reached for the chemo-radiotherapy group, and the 3-year survival rate was 47% versus 78%, respectively (P = .005). One hundred eighty-five patients were included in a secondary analysis for survival. The 3-year survival rate for patients randomized to radiotherapy was 46%, and for the chemoradiotherapy group was 76% (P < .001).
CONCLUSION: We conclude that chemoradiotherapy is superior to radiotherapy alone for patients with advanced nasopharyngeal cancers with respect to PFS and overall survival.

PMID 9552031

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから