今日の臨床サポート

プライサー病

著者: 佐藤和毅 慶應義塾大学医学部 スポーツ医学総合センター

監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター

著者校正/監修レビュー済:2016/08/19
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. プライサー病とは、外傷歴の有無にかかわらず手舟状骨全体に及ぶ壊死像を呈するものである。ただし、偽関節に続発する例は除外される。
 
診断:
  1. 解剖学的かぎタバコ窩(anatomical snuff box、)を中心に著明な滑膜炎に基づく腫脹と圧痛を認める。また、他の手関節周囲慢性疾患に比べ、早期より高度な手関節可動域制限を呈することが多い。
  1. 単純X線像で、初期には舟状骨の骨硬化像を認め、病期の進行に伴い分節像、病的骨折、圧潰像、末期には関節症性変化を呈する。
  1. 閲覧にはご 契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲 覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧に はご契約が必
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご 契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご 契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご 契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご 契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります 。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
佐藤和毅 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:落合直之 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. プライサー病は手舟状骨の無腐性壊死であり、1910年にPreiserが初めて報告した。しかし、Preiserが報告した5例はいずれも外傷後の壊死で、そのうち3例は舟状骨偽関節と考えられる。
  1. 定義の混乱がありさまざまな呼称が用いられるが、現在は外傷歴の有無にかかわらず手舟状骨全体に及ぶ壊死像を呈するものをプライサー病とし、偽関節に続発する例は除外する[1]
  1. 手舟状骨の70~80%を栄養する橈骨動脈背側舟状骨枝の途絶や舟状月状骨靱帯経由の血流障害が原因として考えられている。
  1. 月状骨無腐性壊死であるキーンベック病と比較すると頻度は低い。
  1. 全身性エリテマトーデス (SLE)などの膠原病、ステロイド治療・化学療法などで発症リスクが増加するとされる。
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 発症時期を確認する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: T J Herbert, M Lanzetta
雑誌名: J Hand Surg Br. 1994 Apr;19(2):174-82.
Abstract/Text Idiopathic avascular necrosis of the scaphoid is a rare condition. A review of the literature shows a variety of conditions labelled as spontaneous avascular necrosis or Preiser's disease. In this paper we report on a study of eight patients with idiopathic avascular necrosis affecting only the proximal pole of the scaphoid. Seven of these patients had positive ulnar variance. The possible aetiology is discussed and the natural history has been studied. A staging system is proposed, as this helps to determine the prognosis and appropriate management. Two of our patients were managed conservatively; the others were treated successfully by partial silastic replacement of the scaphoid.

PMID 8014543  J Hand Surg Br. 1994 Apr;19(2):174-82.
著者: L Ekerot, O Eiken
雑誌名: Scand J Plast Reconstr Surg. 1981;15(1):69-72.
Abstract/Text Avascular necrosis may affect a number of different bones. In the wrist necrosis of the lunate (Kienböck's disease) is a well known entity. A rarely seen but analogous condition may, however, also affect the scaphoid (Preiser's disease). The mechanism producing ischemia is unknown, although in most cases the initiating event is mostly likely loss of blood supply by a mechanical insult. Two cases of idiopathic avascular necrosis of the scaphoid are reported, manifested by insidious wrist pain and progressing roentgenologic changes. Despite early diagnosis and prolonged immobilization irreversible collapse of the affected bone could not be prevented.

PMID 7268316  Scand J Plast Reconstr Surg. 1981;15(1):69-72.
著者: C Zaidemberg, J W Siebert, C Angrigiani
雑誌名: J Hand Surg Am. 1991 May;16(3):474-8.
Abstract/Text Nonunion and avascular necrosis after scaphoid fractures continue to be problem sequelae because of unrecognized injuries, inadequate immobilization techniques, or insufficient treatment time. Screw fixation and inlay bone grafting techniques remain the options of choice, with successful union reported in approximately 90% of patients. However, prolonged immobilization with plaster up to 4 to 6 months is required with conventional techniques. With the use of standard latex injection techniques with vascular filling of vessels to less than 0.1 mm diameter in ten fresh cadaver dissections, we discovered a consistent vascularized bone graft source from the distal dorsoradial radius. We have used this vascularized bone graft source with good results in eleven patients with long-standing nonunion of the scaphoid. It is technically easy and seemingly offers the advantages of a decreased period of immobilization and a higher union rate.

PMID 1861030  J Hand Surg Am. 1991 May;16(3):474-8.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから