今日の臨床サポート

その他の肝炎(D,E、EBV, CMV)

著者: 八橋弘 長崎医療センター臨床研究センター 臨床研究センター長

監修: 金子周一 金沢大学大学院

著者校正/監修レビュー済:2016/05/13
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. HAV、HBV、HCVのほかにも肝炎を引き起こすウイルスがある。
  1. 原因不明の肝障害をみた場合には、疑って血液検査を行うことが必要である。
 
D型肝炎ウイルス(HDV):
  1. ポイント:
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります 。閲覧 にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となりま す。閲覧 にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となりま す。閲覧 にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必 要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に はご契約が 必要となります。閲 覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と なります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契 約が必要となります。閲覧 にはご契約が必要と
  1. 閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
八橋弘 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:金子周一 : 研究費・助成金など(バイエル薬品株式会社,株式会社キュービクス,アボットジャパン合同会社,日東電工株式会社,株式会社スギ薬局,株式会社サイトパスファインダー),奨学(奨励)寄付など(小野薬品工業株式会社,エーザイ株式会社,株式会社ツムラ,アッヴィ合同会社,大日本住友製薬株式会社,ゼリア新薬工業株式会社,塩野義製薬株式会社,大塚製薬株式会社,アステラス製薬株式会社,田辺三菱製薬株式会社,マイランEPD合同会社,EAファーマ株式会社,大鵬薬品工業株式会社,中外製薬株式会社,協和キリン株式会社,持田製薬株式会社,日本ケミファ株式会社,LifeScan Japan株式会社)[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. D型肝炎ウイルス(HDV)は、B型肝炎ウイルス(HBV)をヘルパーウイルスとして増殖する特異な肝炎ウイルスである。<図表>
  1. HDVの増殖にはHBVの補助が必要なため、必ずHDVキャリアーはHBs抗原陽性でなければならない。
  1. 欧米に比してわが国ではHDVによるD型肝炎は低頻度で、HBs抗原陽性者の0.6%と報告されている[1]
  1. HDV感染は、HDV単独では感染が成立しないことから、その感染様式は、①HBV非感染者に対するHBVとHDVの同時感染(coinfection)か、②HBV持続感染者に対するHDVの重複感染(superinfection)のいずれかに大別される[2]<図表>
  1. E型肝炎ウイルス(HEV)は、インド、ミャンマーなどで水系に発生する伝染性肝炎の報告がなされ、E型肝炎と命名された[3]。日本では2000年以後、北海道、東北を中心とした東日本に40~60歳の男性を中心とするE型肝炎感染例が多発し注目されるようになった。感染症法の4類感染症に分類され、診断した医師は、ただちに最寄の保健所に届け出る必要がある。 
  1. E型肝炎の一般的臨床像はA型肝炎と近似し、一過性感染のみで慢性化することはない。
  1. EBウイルス(Epstein Barr virus :EBV)は一般に唾液を介し、幼少期から思春期にかけて感染し、Bリンパ球内で増殖する。NK細胞、Tリンパ球などにより制御される。わが国では20歳代ですでに90%以上の人が抗体を保有している。
  1. EBV肝炎は、20歳前後の若年に発症することが多く、その大部分は重症化せずに経過していくが、劇症化の報告もみられる 。
  1. サイトメガロウイルス(cytomegalovirus 、CMV)は、易感染性患者において重篤なCMV感染症を起こし得る。わが国における抗体保有率は90%といわれていたが、近年抗体保有率の低下が示唆されている。それに伴い、健康成人でのCMV肝炎の報告もなされており、CMV肝炎はEBV肝炎に比し有意に年齢が高く30歳前後が多い。
問診・診察のポイント  
  1. HDV感染の問診、診断のポイント:HBs抗原陽性者のなかから診断を行う。輸血歴、血液製剤使用歴、血友病患者、透析患者、薬物常用者でHDV感染者の頻度が高いと報告されている。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: E Iwanami, M Yano, M Koga, S Shirahama, T Tsuda
雑誌名: J Gastroenterol Hepatol. 1993 Nov-Dec;8(6):565-8.
Abstract/Text Hepatitis B virus (HBV) carriers and patients with acute hepatitis B living in the Kamigoto islands, a part of Japan with a high incidence of HBV carriage, were retrospectively tested for serum anti-hepatitis D virus (anti-HDV) and they were compared with the inhabitants of Oita City (an area with an average HBV carriage rate). The prevalence of anti-HDV in HBV-infected individuals was 8.3% (42/507) in Kamigoto and 0% (0/101) in Oita City. With one exception, all of the positive serum samples in Kamigoto were collected before 1986, and the mean age of the positive individuals was significantly younger than that of the negative individuals (P < 0.005). Among the 42 anti-HDV-positive patients, nine (21%) had definite liver disease. The route of infection was uncertain in most cases (i.e. sporadic), but two pairs of mothers and children were detected. Although the prevalence of anti-HDV positivity in Japan has been reported to be very low (about 1% or less), the present investigation showed that the local spread of HDV infection in Kamigoto occurred on a minor scale up to 1986. The infections presumably resulted from the closed environment and the high incidence of HBV carriage in these islands. Accordingly, there could be a considerable risk of the outbreak of HDV infection in the future under similar conditions, even in countries where the disease has never been detected previously.

PMID 8280845  J Gastroenterol Hepatol. 1993 Nov-Dec;8(6):565-8.
著者: M Rizzetto
雑誌名: Hepatology. 1983 Sep-Oct;3(5):729-37.
Abstract/Text
PMID 6413350  Hepatology. 1983 Sep-Oct;3(5):729-37.
著者: D C Wong, R H Purcell, M A Sreenivasan, S R Prasad, K M Pavri
雑誌名: Lancet. 1980 Oct 25;2(8200):876-9.
Abstract/Text 69 serum pairs from two common-source water-borne outbreaks and one series of endemic cases of hepatitis in three parts of India were tested for hepatitis A and hepatitis B virus infections. None of the patients had evidence of HAV infection and only 10.1% had evidence of HBV infection. A large proportion of hepatitis in India seems to be caused by previously unrecognised agents.

PMID 6107544  Lancet. 1980 Oct 25;2(8200):876-9.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから