今日の臨床サポート

放射線被ばく

著者: 小淵岳恒 福井大学医学部附属病院 救急部

監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院

著者校正/監修レビュー済:2018/08/10
患者向け説明資料

概要・推奨   

ポイント:
  1. 放射線とは、電磁波・粒子線のうちで直接的または間接的に空気を電離する能力を持つものを指し、放射能とは、放射線を出す能力、または放射線を出す物質のことを指す。また、被ばくは、人体に放射線が当たることを指し、汚染は放射性物質が身体表面に付着することを意味する。
  1. 放射線にはα線、β線、γ線、中性子線などがあり、いずれも無色透明、無味無臭である。各種放射線に対して専用の測定機器があり、放射線の強さを数字にして表すことが可能である。
  1. 医療者は外部被ばくと汚染の違いを把握することが肝要である。
  1. 閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
飲み込んだり、吸い込んだり、傷のなかに残ることである。
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
閲覧にはご契
閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 汚染があれば養生が必要となる。養生とは、放射線の汚染が拡大しないようにする方法である。
養生には3つの方法がある。
  1. 閲覧にはご契約
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となりま
重要な医療機器(医療監視モニター、超音波検査器機など)放射線測定機器(GM管など)にはあらかじめビニール袋、ラップフィルムなどを使用してカバーを行う、もし汚染してしまったときには交換をする。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
小淵岳恒 : 未申告[2021年]
監修:林寛之 : 講演料(メディカ出版),原稿料(羊土社)[2021年]

改訂のポイント:

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
放射線と放射能の違い:
  1. 放射線とは、電磁波・粒子線のうちで直接的または間接的に空気を電離する能力を持つものを指す。
  1. 放射能とは、放射線を出す能力、または放射線を出す物質のことを指す。
 
被ばくと汚染の違い:
  1. 被ばく:人体に放射線が当たること。患者自身のDNAは傷つくが、患者自身からは放射線は出ない。
  1. 外部被ばく:
外部から放射線を浴びた場合を示す。(例:レントゲン撮影)
放射線の影響を受けるのは放射線を浴びた本人のみである。
外部被ばくを受けた人の周囲で活動を行う医療者には影響はしない。
GM管では反応はないために、個人線量計が必要となる。
  1. 内部被ばく:
放射性物質を体内に取り込んでしまった場合を示す。
飲み込んだり、吸い込んだり、傷のなかに残ることである。
内部被ばくを受けた人は、GM管を使った検査だけでは十分ではなく、ホールボディーカウンターにより詳細な評価が必要となる。
  1. 汚染:放射性物質が身体表面に付着すること。被ばくに加え、患者の汚染部位から放射線が出るため、GM管で汚染が検出できる。
  1. 表面汚染:
放射性物質が体の表面に付着することを示す。
汚染を受けた人は、その人のみならず周囲の人にも放射線の影響をきたす。
GM管にて汚染の範囲、汚染の程度を示すことができる。
汚染拡大を防ぐためには、まず汚染した衣服を脱衣し、除染を行うことで医療者への被ばくは限りなく小さくすることができる。
 
各種放射線の特徴:
  1. 放射線にはα線、β線、γ線、中性子線などがあり、いずれも無色透明、無味無臭である。
  1. 各種放射線に対して専用の測定機器があり、放射線の強さを数字にして表すことが可能である。
 
外来での対応:
  1. 情報の収集:
  1. 情報を収集する時点で、外部被ばくであるか、表面汚染であるのかが区別可能である。
  1. 区別ができない場合には、表面汚染があるものとして対応する。
  1. 外部被ばくのみの場合には、対応する医療者は特別な装備は必要とせず、通常の外来対応を行う服装でよい。
  1. 内部被ばく、表面汚染を伴う場合には、特別な対応を必要とする。
  1. 放射線測定機器以外は、通常の外来対応で十分である。汚染患者を診療する際には、汚染拡大を防止するために外来の一室を養生して治療エリアに設定し、入室する人数を制限する。自らは防護服を着ることにより、汚染の拡大を防ぐことができる。
問診・診察のポイント  
  1. どんな被ばく患者でも、生命の危険があるときにはABCから始める。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: S Suzuki
雑誌名: Clin Oncol (R Coll Radiol). 2016 Apr;28(4):263-71. doi: 10.1016/j.clon.2015.12.027. Epub 2016 Jan 25.
Abstract/Text The accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant occurred after the Great East Japan Earthquake on 11 March 2011, releasing a large amount of radioactive materials into the atmosphere. Questions were raised regarding the health effects of radiation exposure, which led to increased anxiety among the Fukushima residents about the possible development of thyroid cancer. Thus, thyroid ultrasound examinations began for those who were from the areas where the radiation doses were highest, and will continue for the long term. In total, 300 476 subjects aged 18 years or younger at the time of the disaster were screened from 9 October 2011 to 31 March 2014. The participation rate was 81.7% of the total population of this age and in the affected area. Among them, the proportions of those who fell into the categories A1 (no nodules or cysts present), A2 (nodule ≤ 5 mm or cyst ≤ 20 mm diameter), B (nodule > 5 mm or cyst > 20 mm diameter) and C (immediate need for further investigation) were 51.5, 47.8, 0.8 and 0%, respectively; 2294 subjects in categories B and C were recommended to undergo a confirmatory examination; 113 were subsequently diagnosed with malignancy or suspected malignancy by fine needle aspiration cytology. The full-scale survey (second round survey) began in April 2014, and was completed by 30 June 2015, and comprised 169 455 subjects (participation rate; 44.7%). The proportions of those who fell into the categories A1, A2, B and C were 41.6, 57.6, 0.8 and 0% (no case), respectively; 1223 subjects in category B were recommended to undergo a confirmatory examination, 25 of these were subsequently diagnosed with malignancy or suspected malignancy by fine needle aspiration cytology. The thyroid cancers identified in this survey so far are unlikely to be due to radiation exposure, and are more likely to be the result of screening using highly sophisticated ultrasound techniques. However, it would be advisable to continue long-term screening to determine whether the risk of childhood and adolescent thyroid cancer due to radiation exposure increases or not.

Copyright © 2016 The Royal College of Radiologists. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.
PMID 26822892  Clin Oncol (R Coll Radiol). 2016 Apr;28(4):263-71. doi:・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから