過食 :トップ    
監修: 大滝純司 北海道大学大学院
平山陽示 東京医科大学 総合診療科

概要

症状のポイント:
  1. 過食とは、食事摂取量が増加している状態である。下記が、摂食障害をスクリーニングできる問診である。
  1. 摂食障害のスクリーニングとして、SCOFF摂食障害スクリーニングテストが存在する。以下の質問の2つ以上該当するときに摂食障害の感度100%、特異度87.5%と報告されている。
  1. SCOFF摂食障害スクリーニングテスト:
  1. おなかが張って不快になることがありますか?
  1. どのくらい食べたらよいか分からなくなり、食べるのを止められなくなりそうで、心配になることがありますか?
  1. 最近3カ月間で6.35㎏以上の体重減少がありましたか?
  1. 人から痩せていると言われても、太りすぎているような気がしますか?
  1. 食事や食べ物によって生活全般が支配されているように感じますか?
 
緊急時の対応:
  1. 神経性食思不振症を伴っている場合は、低栄養による合併症の緊急対応が必要となることがある。特に意識障害、低血圧、低体温、高度の徐脈、QTc延長や心室頻拍などの不整脈、重度の脱水、著しい筋力低下、極度の浮腫、低カリウム血症(<2.5mEq/L)、低リン血症(<2pg/L)などの電解質異常がある場合は緊急入院させての治療が必要である。
  1. 神経性過食症やむちゃ食い障害では、嘔吐や下剤乱用による低カリウム血症を併発することもあり緊急評価が必要となることもある。
  1. 気分障害、不安障害を伴っていることが多く、自殺リスクや深刻な自傷行為のある場合がある。この場合は入院治療が必要となる。
 
症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 神経性過食症やむちゃ食い障害の治療については、認知行動療法には強いエビデンスがあり、対人関係療法なども選択肢に含まれる。抗うつ薬も推奨できる。 エビデンス 
 
専門医相談のタイミング: >詳細情報 
  1. 摂食障害であると診断された場合は、基本的に精神科専門医に相談する必要がある。特に、精神科的併存症がある患者は必ず相談する。
  1. 脳腫瘍は脳神経外科に相談する。
 
診断へのアプローチ:(診察: >詳細情報 ・アルゴリズム:

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

神経性過食症の初診時の血液検査例
  1. 過食患者では、過食の診断アルゴリズム(アルゴリズム)にそって鑑別をすすめる。
  1. 神経性過食症を疑う患者では、初診時に甲状腺機能障害を除外することと、糖尿病、電解質異常などの合併症を確認する。
○ 症状に基づき、下記の検査を考慮する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

過食の診断アルゴリズム
著者校正/監修レビュー済
2016/05/13