腹部膨満・腹部腫瘤 :トップ    
監修: 杉原健一 東京医科歯科大学大学院
荒武寿樹1) 亀岡信悟2) 1)東京北部病院 2)牛久愛和総合病院

概要

症状・所見のポイント:
  1. 腹部膨満(感)は「お腹が張る」という自覚症状のあることをいう。一方、他覚的に、臥位で臍部や腹部の一部が剣状突起と恥骨を結ぶ線より突出している場合を腹部膨隆という。 エビデンス 
  1. 腹部腫瘤は腹壁・腹腔内臓器に生じたしこりである。
  1. 腹部膨満の原因は、①腸管内ガス・液体の過剰な貯留、②腸管外腹腔内の異常な気体・液体貯留、③腹腔内臓器の腫大・腫瘤、④肥満、⑤妊娠――などがある。腹部腫瘤は③の一部に相当するが、腹部膨満という自覚症状はなく、健診時診察や超音波検査、CTなどでみつかることもある。腹壁や腹腔内各臓器の腫大・腫瘍、ヘルニアなどがある。
  1. 「おなら」は体内に摂取・吸収・合成、腸内に分泌されたガスや腸管内で細菌により発生したガスを指す。過剰に発生した場合や腸管の圧感受性が高まった場合に腹部膨満(感)を呈することがある。 エビデンス 

緊急時対応: >詳細情報 
  1. 腹膜炎症状のある場合・腹水で症状の強い場合・絞扼性腸閉塞の場合は、早急な診断、手術など緊急の処置が必要であるときがある。

症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 基本的には病態に基づき症状治療方針を決める。
  1. 例えば、機械的腸閉塞ではイレウス管による減圧・手術による原因の解除・高圧酸素療法などを検討する。
  1. また、麻痺性腸閉塞では腸管蠕動促進薬を用いる。
  1. 肝性腹水貯留では、利尿薬投与や穿刺吸引(濃縮灌流)を考慮する。
  1. 炎症性腹水では炎症の原因疾患に対する治療を行う。
  1. 腹腔内遊離ガスと腹痛がある場合は、緊急手術を考慮する必要がある。
  1. 腹腔内遊離ガスと腹痛のない場合は、原因疾患の精査をまず行い、対応を検討する。
  1. 腹腔内臓器の腫大においては腫大の原因治療を行う。
  1. 腹腔内腫瘤では摘出や穿刺吸入など外科処置を検討する。
  1. 肥満による場合はその改善を行う。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

腹部膨満の原因検索をする検査
  1. 腹部単純X線検査は、初診時に腹腔内ガスや腸管ガス、大腸内の便の状態を把握するためにまず行う検査である。
○ 原因検索のため、まず下記検査を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

腹部膨満鑑別のアルゴリズム
右上腹部腫瘤の鑑別アルゴリズム
左上腹部腫瘤の鑑別アルゴリズム
下腹部腫瘤の鑑別アルゴリズム
肥満による腹部膨隆
非代償性肝硬変による大量腹水貯留
癌性腹膜炎
Roma III診断基準
転移性肝腫瘤
脾腫
著者校正/監修レビュー済
2016/08/19


詳細ナビ