異所性妊娠 :トップ    
監修: 金山尚裕 浜松医科大学 産婦人科
明楽 重夫 日本医科大学 産婦人科

概要

疾患のポイント:
  1. 妊卵が子宮内腔以外の場所に着床して起こる妊娠を異所性妊娠といい、全妊娠の約1.5~2%に発生する。
  1. 初期は無症状だが、多くは性器出血や下腹部痛が出現する。
  1. 進行すると急性腹症、出血性ショックを呈する、婦人科緊急疾患の1つである。
  1. 女性が腹痛や不正出血を訴える場合、あるいは一般状態不良で救急搬送されてきた場合はまず本症を疑い、妊娠反応を行う。
 
診断:アルゴリズム >詳細情報 
  1. 診断には経腟エコーと血中ヒト絨毛性ゴナドトロピン、(human chorionic gonadotropin、hCG)の組み合わせが有用である。妊娠5週後半以降で子宮内に胎嚢を認めない場合には異所性妊娠を疑う。付属器領域の胎嚢、血腫像が認められれば疑いは強まる。胎児心拍を認めたら診断は確定する。また、血中hCG値が2,000IU/L以上で子宮腔内に胎嚢を認めない場合には、異所性妊娠を強く疑う。 エビデンス 
  1. 経腟エコーで腹腔内出血が疑われたら、ダグラス窩穿刺を行う。腹腔内出血は凝固しないことで、末梢血と鑑別が可能である。
  1. 異所性妊娠の妊卵着床部位による分類とその頻度:<図表>
  1. 左卵管峡部妊娠破裂例の腹腔内所見:<図表>
  1. 右卵管妊娠の経腟エコー像:<図表>
 
重症度・予後: >詳細情報 
  1. 腹腔内出血…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

異所性妊娠の診断方法例
  1. 妊娠反応陽性で子宮内に妊娠しているか否かを妊娠5~6週に診断する。
○ 妊娠を疑ったら、まず妊娠反応を行い、陽性であれば子宮内の妊娠か否か妊娠5~6週に調べる。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

異所性妊娠(卵管妊娠)の診断・治療フローチャート
異所性妊娠の妊卵着床部位による分類とその頻度
著者校正/監修レビュー済
2018/09/05