喉頭・気管外傷 :トップ    
監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院
梅野博仁 久留米大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

概要

疾患のポイント: >詳細情報 
  1. 喉頭は、前方は前屈した下顎、下方は鎖骨、後方は頚椎により保護されているため正面からの外力を受けにくく、また頚部において種々の筋肉により保持され、側方への可動性に富んでいることなどからも、比較的損傷しにくい器官であるといわれている。
  1. しかし、大きな外力が直接前方から喉頭に及ぶと後方に脊椎があるため、前後から押しつぶされる形になり多彩な損傷を起こし、呼吸・発声・嚥下の障害を引き起こす。交通事故・産業災害はもちろん、最近盛んになってきているスポーツでの外傷も増える傾向にある。
 
分類: >詳細情報 
  1. 外傷はその受傷機転により、咽頭、喉頭の内腔からの損傷である内損傷と外頚部からの損傷である外損傷に分けられる。
  1. また外損傷は、皮膚損傷のない閉鎖性損傷(鈍的外傷)と開放性損傷とに分けられる。一方、治癒機転からは新鮮外傷と、陳旧性瘢痕性外傷とに分類できるが、陳旧性瘢痕性外傷は喉頭気管狭窄といった病態をとることが多く、これは初期治療が不十分のときに起こりやすい。重症度からの分類ではTroneの分類がある。 わが国ではTroneの分類の不都合を改め、鈍的喉頭損傷に対する重症度分類と治療指針が報告されている。
  1. Troneの重症度分類(Classification of laryngeal trauma):<図表>
  1. 鈍的喉頭損傷に対する重症度分類と治療指針:<図表>
 
診断: >詳細情報  >詳細情報 
  1. 頚部の視診・触診、喉頭内視鏡検査、CTなどの画像診断、喉頭機能(呼吸、嚥下、発声)を評価する各種検査を必要に応じて行う。なかでも喉頭内視鏡検査とCT検査は必須である。
 
治療: >詳細情報  >詳細情報&nbs…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断のための検査例
  1. 頚部の視診・触診、喉頭内視鏡検査、CTなどの画像診断、喉頭機能(呼吸、嚥下、発声)を評価する各種検査を必要に応じて行う。なかでも喉頭内視鏡検査とCT検査は必須である。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

Troneの重症度分類(Classification of laryngeal trauma)
ステント類
再建材料
その他症例
鈍的喉頭損傷に対する重症度分類と治療指針
著者校正/監修レビュー済
2016/07/21