鼻閉 :トップ    
監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院
岡野光博 国際医療福祉大学医学部 耳鼻咽喉科学

概要

症状のポイント:
  1. 鼻閉とは、いわゆる“鼻がつまる”ことであるが、自覚的な“鼻閉感”と他覚的な“鼻閉塞”の両者を意味する。
 
緊急対応: >詳細情報 
  1. 鼻閉を主訴とする疾患で緊急対応が必要なものとして、アスピリン過敏症患者での非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)使用後の急激な鼻閉発作がある。喘息発作やアナフィラキシーへ移行することがあり、エピネフリン筋肉注射や抗アレルギー薬の投与を考慮する。

症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 原疾患の病態(感染やアレルギーなど)に応じた治療を行う。鼻粘膜腫脹に対する対症療法としては、鼻処置などによる血管拡張と粘膜下浮腫の除去を行う。
 
専門医相談のタイミング: >詳細情報 
  1. 鼻閉に左右差がある例、保存的治療により鼻閉が改善されない例では、重篤な疾患や手術適応の可能性があり、専門医に相談を考慮する必要がある。
 
診断へのアプローチ:(身体診察: >詳細情報 ・鑑別疾患: 鑑別疾患 ・アルゴリズム:アルゴリズム
  1. 鼻閉感は鼻閉塞に起因することが多いが、上咽頭疾患など鼻腔外の要因でも来し、さらに心身症や萎縮性鼻炎など、閉塞性の病変がなくても生じ得る。
  1. 鼻閉塞は、変動性(可逆性、一過性)鼻閉と、固定性(非可逆性、持続性)鼻閉に分けられる。固定性鼻閉塞は、その程度により手術が考慮される。
  1. 腫瘍や多発血管炎性肉芽腫症(Wegener肉芽腫症)、あるいは浸潤型真菌症による固定性鼻閉を見落とすと、生命予後に影響を与え得る。これらの危険な鼻閉を見逃さない。
  1. 頻度が高い疾患: >詳細情報 
  1. 肥厚性鼻炎(アレルギー性鼻炎を含む)、鼻中隔弯曲症、急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎(鼻茸)、アデノイド・口蓋扁桃肥大
  1. 重篤な疾患: …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時検査と初期治療
  1. 問診と視診により鼻閉の性状と程度を判定する。
  1. 設備があれば鼻腔通気度検査を行い、鼻閉を客観的に評価する。
  1. 鼻閉の原因を同定するために、画像検査(X線、CT、MRI、PETなど)、アレルギー検査(鼻汁好酸球検査やIgE検査など)、微生物学検査(培養検査など)、腫瘍マーカー、自己抗体測定などの検査を適宜施行する。
  1. 鼻閉の原因が同定されれば、原疾患に対する治療を開始する。
○ 原因評価の目的で1)~9)を上記に従い適宜行う。治療としては原因に基づき10)~13)などを用いる。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

鼻閉の鑑別のアルゴリズム
鼻中隔弯曲症の術前・術後のCT所見
鼻茸の局所所見(左鼻腔)
右上顎腫瘍例のCT所見
著者校正/監修レビュー済
2018/04/05


詳細ナビ