鼻漏(膿性、水様性)、後鼻漏 :トップ    
監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院
吉川衛 東邦大学医学部 耳鼻咽喉科学講座

概要

症状のポイント:
  1. 鼻漏とは、何らかの刺激によって鼻汁量が病的に増加した状態のことで、後鼻漏とは、その鼻漏を嚥下などの意図的な排除運動で咽頭から除去できなくなり自覚した状態である。
 
症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 通常、診断のもとに加療を行う。
  1. 急性上気道炎症状があり鼻漏の性状が水様性であれば、ウイルス性の急性鼻炎と診断され、かぜ症候群の治療に準ずる。もし膿性であれば、急性副鼻腔炎を疑って画像検査を行い、確認されれば抗菌薬などの投与を行う。
 
専門医相談のタイミング: >詳細情報 
  1. 多発血管炎性肉芽腫症(GPA)/Wegener肉芽腫症(WG)、結核、梅毒などの鼻の特異性炎症によって血性鼻漏が続く場合は、専門医に相談を考慮する必要がある。
  1. 副鼻腔気管支症候群のように上気道疾患だけでなく下気道疾患を合併する場合は、専門医に相談を考慮する必要がある。
 
診断へのアプローチ:(身体診察: >詳細情報 ・鑑別疾患: 鑑別疾患 ・アルゴリズム:アルゴリズム
  1. 問診で、鼻漏の性状だけでなく、発症時期、随伴する症状、一側性か両側性か、前鼻漏か後鼻漏か、悪臭の有無、血液の混在の有無などについて詳しく聞くだけで、ある程度、原因となる疾患を推測できる。
  1. 診察では、鼻腔内に停滞した鼻漏の性状・部位と、咽頭後壁の後鼻漏を確認する。さらに後鼻漏は、内視鏡検査で中鼻道あるいは上鼻道から上咽頭への鼻漏の流下を確認することも有用である。
  1. 頻度の高い疾患: >詳細情報 
  1. 急性鼻炎、アレルギー性鼻炎、急性副…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断のための評価例
  1. 急性鼻炎、アレルギー性鼻炎、急性副鼻腔炎、悪性腫瘍、鼻性髄液漏などの鑑別疾患に基づいて評価を行う。
  1. 腫瘍や特異性炎症を疑う場合は、生検を行い病理組織学的検査で精査する。
○ アレルギー性鼻炎を疑う場合は1)2)7)8)、副鼻腔炎を疑う場合は3)9)10)、真菌感染を疑う場合は4)5)10)11)、腫瘍を疑う場合は4)10)11)、鼻性髄液漏を疑う場合は6)10)を考慮する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

鼻漏の鑑別のアルゴリズム
急性鼻副鼻腔炎治療アルゴリズム (成人・軽症)
急性鼻副鼻腔炎治療アルゴリズム (成人・中等症)
急性鼻副鼻腔炎治療アルゴリズム (成人・重症)
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01