テニス肘、上腕骨外側上顆炎 :トップ    
監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター
新井猛 聖マリアンナ医科大学 整形外科学講座

概要

疾患のポイント:
  1. 上腕骨外側上顆炎とは、伸筋群の中の短橈側手根伸筋起始での慢性的牽引ストレスにより発症する腱付着部症で、肘外側部痛の症状を来す疾患である。
  1. 短橈側手根伸筋腱付着部症に加え、関節内の病変として輪状靭帯の部分断裂や滑膜炎、滑膜ひだの陥入などが疼痛発生原因となっているものがある。
  1. 滑膜ひだ:<図表>
 
診断: >詳細情報 
  1. タオルを絞る動作、重い物を持つ、歯を磨くなどの日常生活上の動作で疼痛が誘発されるなどの病歴を認め、上腕骨外側上顆に圧痛をみとめ疼痛誘発テスト(Thomsen test(トムセンテスト)、Middle finger extension test)の陽性所見にて診断となる。
  1. 疼痛誘発テスト Thomsen test:<図表>
  1. 疼痛誘発テスト Middle finger extension test:<図表>
  1. 超音波検査像:<図表>
  1. 上腕骨外側上顆炎のMRI像:<図表>
  1. 超音波検査像:<動画>
  1. 術中鏡視所見:…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

まず保存療法を試みるべきである。
  1. 行うべき検査は、理学的所見の外上顆の圧痛やThomsen test、middle finger extension test、単純X線、MRIである。
○ 外上顆に限局する圧痛の確認、各種疼痛誘発テストで臨床診断をつける。骨病変の有無の鑑別、短橈側手根伸筋起始部、関節内病変の有無にMRIを行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

上腕骨外側上顆炎
滑膜ひだ
疼痛誘発テスト Thomsen test
疼痛誘発テスト Middle finger extension test
ストレッチ体操
装具療法
著者校正/監修レビュー済
2016/08/19