低血圧 :トップ    
監修: 永井良三 自治医科大学
門前幸志郎 医療法人社団鶴亀会 新宿海上ビル診療所

概要

所見のポイント:
  1. 低血圧は、一般的には収縮期血圧100mmHg未満の状態を指すが、ガイドライン上の明確な定義はない。
  1. 低血圧のうち、めまい、立ちくらみなど、何らかの症状がある場合のみが低血圧症であり、原因のわからない本態性低血圧症、原因疾患を有する症候性(二次性)低血圧症、特に臥位や坐位から立ち上がった際にみられる起立性低血圧症、に分類される。
  1. 低血圧・起立性低血圧の分類と原因:<図表>

緊急対応: >詳細情報 
  1. 緊急の対応が必要となる低血圧は、急性の低血圧症でいわゆるショック状態の場合である。出血性、心原性、アナフィラキシー、敗血症性、神経原性、薬物中毒などがあり、それぞれの診断、病態、症状に従い治療する。
 
症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 症候性低血圧症の場合は、それぞれの原因疾患について治療を行う。
  1. 原因疾患が不定な本態性低血圧症で愁訴が強い場合は、まずは生活改善の指導を行う。すなわち、食事、仕事、睡眠のリズムを保つこと、適度な水分・塩分を摂取すること、適度な運動を行うこと、などを行なう。
  1. 対症治療としては、交感神経刺激薬〔塩酸ミドドリン(メトリジン)( エビデンス  エビデンス  エビデンス )、メチル硫酸アメジニウム(リズミック)(<図表>)、塩酸エチレフリン(エホチール)〕、鉱質コルチコイド〔フルドロコルチゾン:(フロリネフ)〕等を用いる。不安要素が強い場合にはマイナートランキライザー(デパス等)を用いる事もある。
 
診断へのアプローチ:(身体診察 >詳細情報 …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時、低血圧症の確認と原因の鑑別診断を行うための検査例
  1. 症状があり、低血圧状態が存在するかどうかと、比較的頻度の高い原因や類似疾患の鑑別診断を進める。
  1. 下記検査にて、貧血、糖代謝障害、腎障害、心疾患の有無などを大まかに鑑別する。
  1. 内分泌疾患や神経疾患など、ほかの原因を疑う所見がみられる場合には、それに応じた検査を加えていく。
○ 低血圧状態の確認のため、1)は必須。2)~5)もできるだけ初診時に施行し、原因疾患の検索や鑑別診断と進める。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

低血圧の成因と病因
低血圧の評価のアルゴリズム
低血圧・起立性低血圧の分類と原因
著者校正/監修レビュー済
2016/08/05