肺動脈弁閉鎖不全 :トップ    
監修: 永井良三 自治医科大学
宇野漢成 東京大学 22世紀医療センター コンピューター画像診断学/予防医学講座

概要

疾患のポイント:
  1. 肺動脈弁閉鎖不全症(pulmonic regurgitation;PR)とは、拡張期に肺動脈から右室へ血液が逆流する疾患である。
  1. 成人のPRの原因で最も多いのは、肺高血圧症である(肺高血圧→肺動脈弁輪拡大→PR出現)。最近肺動脈弁手術後(特にファロー四徴症根治術後)遠隔期の弁劣化が増加傾向にある。(Marfan症候群など)肺動脈弁輪拡大をもたらす疾患もPRの原因となる。その他まれな原因として、感染性心内膜炎とカルチノイドが挙げられる。
  1. ほかの弁膜症と比べ、通常PRが原因で臨床上問題となることは少ない。<図表><図表> エビデンス しかし右心不全が併発する重度PRや右室拡大が進行するPRは弁置換術の適応である。
 
診断: >詳細情報 
  1. 心エコーのカラードプラーで肺動脈弁逆流が確認されれば、診断が確定する。
  1. 軽度のPRは正常人にも高頻度にみられるので、臨床上の意味はない。重要なのは右室拡大を伴う高度のPRである。
  1. PRの重症度は心エコーで診断する。1つの指標に頼ることなく、下記のようにいくつかの指標の組み合わせで総合判断が重要である。<図表>
 
治療: >詳細情報 
  1. 治療が必要なPRのほとんどが、肺高血圧や肺動脈弁狭窄症を合併する場合である。
  1. 高度のPRに右心不全の所見が合併すれば、体うっ血軽減目的で利尿薬を使う(左室流出路狭窄の有無にも注意する)。 エビデンス 
  1. 利尿薬が右心不全管理に無効なら肺動脈弁置換術を考慮する。
 
<…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時の検査例
  1. 心エコーでPRの診断と重症度判定を行う。さらにPRの原因を同定し、右心不全の有無も診断できる。
○ 初診時の検査として、下記を病態に合わせて適宜行う

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

肺高血圧によるPRのカラードプラー画像
肺高血圧による二次性PR
著者校正/監修レビュー済
2016/05/27