眼底出血 :トップ    
監修: 沖波聡 倉敷中央病院眼科
飯島裕幸 山梨大学医学部眼科学教室

概要

所見のポイント:
  1. 眼底出血とは、網膜、脈絡膜の血管病に由来する血管の破綻や閉塞、あるいは新生血管発生などによって生じる出血である。
  1. 眼底検査にて、点状、斑状、刷毛状の網膜出血がみられる。出血の部位は、網膜前、網膜内、網膜下(<図表>)、網膜色素上皮下、脈絡膜のいずれかの層、または複数の層にみられる。<図表>
  1. 原因として、網膜静脈閉塞症(<図表>:網膜中心静脈閉塞症:CRVO、網膜静脈分枝閉塞症:BRVO)、糖尿病網膜症(<図表>)、網膜細動脈瘤(<図表>)、高血圧網膜症(<図表>)、加齢黄斑変性(AMD)(<図表>)などがある。
  1. 出血の病態として、血管壁の脆弱性に由来するもの(糖尿病網膜症、網膜細動脈瘤)、血圧上昇によるもの(高血圧網膜症、網膜細動脈瘤)、静脈内圧上昇によるもの(網膜静脈閉塞症)などがある。
  1. 網膜下出血は、視細胞を障害して、不可逆性の視力視野障害を来しやすい。網膜前出血は、吸収すれば視力は回復する事が多い。
  1. また、予後に関しては、眼底出血が黄斑部を含むか否かで視力への影響が確認できる。さらに黄斑出血の場合、網膜前出血では予後良好だが、網膜下出血では早期に出血を除去できないかぎり視力予後は不良である。 エビデンス 
 
網膜静脈閉塞症:
  1. ポイント:
  1. 網膜静脈が閉塞を来たし、静脈内圧上昇によって、網膜静脈から出血を来す病態である。出血部位により、網膜中心静脈閉塞症:CRVO、網膜静脈分枝閉塞症:BRVO等に分類される。
  1. 急…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時の検査
  1. 眼科一般検査と、散瞳しての眼底検査を行う。必要に応じて造影検査、OCT検査を追加する。
○ 1)-4)は、ルーチンとして、5-7)は必要に応じて行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

網膜構造と出血部位
網膜前、網膜下出血
網膜静脈閉塞症
糖尿病網膜症
網膜細動脈瘤
高血圧網膜症
AMD
CRVO
サルコイドーシスのフルオレセイン蛍光眼底造影検査
ベーチェット病のフルオレセイン蛍光眼底造影検査
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01


詳細ナビ