• 腎臓 の他のコンテンツを見る

慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常

著者: 駒場大峰 東海大学 腎内分泌代謝内科

著者: 深川雅史 東海大学 腎内分泌代謝内科

監修: 岡田浩一 埼玉医科大学 腎臓内科

著者校正/監修レビュー済:2020/12/16
参考ガイドライン:
  1. 日本透析医学会慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常の診療ガイドライン[1]
  1. 日本腎臓学会:[https://cdn.jsn.or.jp/data/CKD2018.pdf エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018[2]
  1. Kidney Disease: Improving Global Outcomes (KDIGO) :KDIGO 2017 Clinical Practice Guideline Update for the Diagnosis, Evaluation, Prevention, and Treatment of Chronic Kidney Disease–Mineral and Bone Disorder (CKD-MBD)[3]

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル

概要・推奨  

  1. 血清P値、血清Ca値、PTH値などCKD-MBDに関連する検査値の異常は、透析患者において心血管イベントリスクや死亡リスクに関連することが示されている。これらの観察研究のデータに基づき、わが国のガイドラインや国際的なガイドラインでは、CKD-MBDに関連する検査値を一定の範囲に管理することが推奨されている(推奨度2OJG)。
  1. 血管石灰化は透析患者において頻度が高く、心血管イベントの重要な要因である。血管石灰化は単純X線やCT検査により評価可能であり、生命予後の改善を念頭にCKD-MBD管理を行ううえで診療の一助となる(推奨度2OJG)。
  1. Ca非含有リン吸着薬はCa含有リン吸着薬と比較し、高Ca血症や血管石灰化のリスクが低く、メタアナリシスでは生命予後の改善につながる可能性も指摘されている。このため、Ca含有製剤を使用する際は高Ca血症や血管石灰化に注意し、過剰な投与を控えることが望ましい(推奨度2SRsJG)。
  1. 保存期CKD患者においても、高P血症はさまざまな臨床アウトカムに関連することが示されており、食事療法やP吸着薬の使用により血清P値を一定の範囲に管理することが望ましい(推奨度2OJG)。
  1. 重度の二次性副甲状腺機能亢進症に対する副甲状腺摘出術の実施は、CKD-MBDに関連する検査値異常を劇的に改善する。さらに近年の観察研究では、生命予後の改善、骨折リスクの低減も得られる可能性が指摘されている(推奨度2OJG)。
  1. Ca受容体作動薬は血清P値、血清Ca値を上昇させずにPTH分泌を抑制できるため、活性型ビタミンD製剤の使用が制限されるような症例でも内科的治療を継続することができる。また、心血管イベントや死亡、骨折などのリスクが低下する可能性も指摘されている(推奨度2ROJG)。
  1. ビスホスホネートに代表される骨粗鬆症治療薬は、CKD患者での使用に関してはステージに応じて異なる対応が必要である。…
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

改訂のポイント:
  1. 2017年に改訂されたKDIGOガイドライン、2018年に発表された日本腎臓学会によるエビデンスに基づくCKD診療ガイドラインを中心に、近年のエビデンスに基づき改訂を行った。

ページ上部に戻る


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!