頚部血管雑音 :トップ    
監修: 永井良三 自治医科大学
木村和美 日本医科大学 神経内科

概要

疾患のポイント:
  1. 頚部血管雑音とは、文字どおり頚部にて聴取される血管雑音のことである。
  1. 頚動脈雑音の存在は、頚動脈に狭窄性病変が疑われ、心・脳血管疾患の発症予測因子として大切であり、日常の診療でルーチンに行うべきである。
  1. 頚動脈雑音がある患者はない患者に比べて、心筋梗塞・心血管死のリスクが約2倍である。
  1. 頚動脈雑音が聴取される患者には、頚部血管エコー検査などで頚動脈病変を評価し、かつ、動脈硬化のリスクである高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙、睡眠呼吸障害など疾患がないかを検索し、存在する場合はその治療を行い、心・脳血管疾患の発症を予防すべきである。
 
頚動脈血管雑音の発生起序: >詳細情報 
  1. 頚動脈血管雑音の発生起序は、乱流、相対的血流増加によって動脈壁が振動するためと考えられる。
  1. 乱流では、動脈の狭窄・閉塞性病変の存在、相対的血流増加では、対側の内頚動脈閉塞による側副血行路としての流量の増加や甲状腺機能亢進症による心拍出量の増加などが原因となる。
  1. しかしながら、病変のみられない頚動脈血管雑音も経験する。
 
頚動脈雑音の臨床的意義とその評価: >詳細情報 
  1. 頚動脈血管雑音が聴取された場合は、頚部血管超音波検査(<図表>)が、一番有用であろう。また、CT angiographyやMRAによる評価も有用である。検査結果に、頚動脈狭窄が認められた場合は、狭窄の程度などにより手術の適応になることもある。(詳細: 内頚動脈狭窄症の外科的治療 )
  1. なお、頚動脈血管雑音は、正常者の約4%に聞こえると報告されている。しかしながら、頚動脈血管雑音は、頚動脈狭窄の存在を予測できる感度が24~84%、特異度は40~98%である。
 
頚部血管雑音と心血管死亡、心筋梗塞・脳血管疾患の確立:
  1. 頚動脈雑音がある患者はない患者に比べて、心筋梗塞・心血管死・のリスクが約2倍であることが示唆された。 エビデンス  また、頚部血管雑音のある患者は、ない患者に比べて、一過性脳虚血発作や、脳卒中、死亡が多いことも知られている
  1. したがっ…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

頚動脈雑音が聴取された場合に行う検査例
  1. 頚部血管超音波を施行
  1. CT angiography かMRAを施行
  1. 頚動脈狭窄性病変が確認されたら、適宜、動脈硬化リスク因子をチェックする。
○ 1)にてスクリーニングを行い、2)3)を追加する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

著者校正/監修レビュー済
2016/07/21