窒息 :トップ    
監修: 箕輪良行 みさと健和病院 救急総合診療研修顧問
橘直人 愛媛県立中央病院 救急診療部

概要

疾患のポイント:
  1. 窒息はきわめて緊急性の高い病態であり、OMI(O2 、monitor 、IV)をすぐさま開始しABCの安定化に努める。
  1. チョーキングサインや努力性呼吸のパターンを見て気道閉塞に早期に気づくことが重要である。
 
緊急対応: >詳細情報 
  1. 窒息が疑われる患者の対応にあたっては、①原因は異物か異物でないか、②意識があるかないか、③呼吸停止がひっ迫しているかどうか、④閉塞部位はどこか(声門上supraglottic、声門glottic、声門下subglottic)を考慮する。
  1. 異物による気道閉塞: アルゴリズムアルゴリズム  エビデンス 
  1. 意識があり良好な換気が維持されている場合は患者の自発的な咳で除去を促す。
  1. 患者の口がきけなくなった場合は、重度の気道閉塞を意味する。乳児では背部叩打 (<図表>)や胸部突き上げ法(<図表>)、1歳以上や成人では患者の背部から腹部突き上げ法(ハイムリッヒHeimlich法) (<図表>)や背部叩打法を5回連続して行う。妊婦や肥満の傷病者には腹部突き上げ法ではなく、胸部突き上げ法(<図表>)を行う。
  1. 口腔内に異物が目視でき、簡単に取ることができるなら手指で掻き出してもよい。
  1. 異物除去の操作中に反応(意識)がなくなる、あるいは意識消失している場合には、胸骨圧迫からCPRを開始し、喉頭鏡で気道確保を試みる。
  1. 喉頭鏡で異物が見える場合はマギール鉗子などで除去を試みても良い。異物が見えているが除去できない場合は、ただちに輪状甲状靱帯切開を行う。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

緊急時の対応例
○ 窒息を疑った場合には助けてくれる人を呼ぶとともに、下記の1)~3)を同時に開始する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

食事中など異物による気道閉塞の初期対応
異物による気道閉塞患者への病院内での対応
異物以外の原因による気道閉塞患者への対応
tripod position
急性喉頭蓋炎
扁桃周囲膿瘍
遺伝性血管性浮腫
硬性気管支鏡
チョーキングサイン
急性喉頭蓋炎 頚部側面X線写真
著者校正/監修レビュー済
2016/07/21


詳細ナビ