脊髄梗塞 :トップ    
監修: 内山真一郎 国際医療福祉大学臨床医学研究センター
棚橋紀夫 埼玉医科大学国際医療センター

概要

疾患のポイント:
  1. 脊髄動脈は脳動脈に比べてアテローム性変化が少なく、また、側副血行路が発達しているため、脊髄梗塞は脳梗塞に比べきわめて頻度が少ない。
  1. 発症年齢は若年者から高齢者まで幅広い。
  1. 前脊髄動脈症候群は、前脊髄動脈の支配領域である脊髄腹側約2/3の領域に血流障害が生じ、急速に発現する対麻痺ないし四肢麻痺、病変レベル以下での解離性感覚障害(温痛覚のみが障害され、触覚、振動覚、位置覚は保たれる)、膀胱直腸障害などを特徴とする。
  1. 後脊髄動脈症候群はまれな症候群であり、後脊髄動脈の支配領域である後索障害に由来する病変レベル以下の深部感覚障害、後角障害による病変髄節に一致した全感覚脱失、後側索にまで及んだ場合には運動麻痺、膀胱直腸障害などを呈する。
 
診断: >詳細情報  アルゴリズム
  1. 詳細な神経学的診察所見および脊髄MRI画像所見を参考に診断する。
  1. 発症が急激で解離性感覚障害などを呈する典型例では、診断は容易である。MRIで急性期特有の脊髄腫大や脊髄前半部での高信号領域(拡散協調画像、T2協調画像)を認め、同部位がGd-DTPA造影で増強されれば確実な診断となる。病変部位は頚髄と胸髄、円錐部が多い。
  1. 鑑別診断としては、脊髄動静脈奇形、脱髄疾患、脊髄炎、転移性硬膜外腫瘍などがある。いずれもMRIや髄液所見が鑑別に有用である。
  1. 脊髄梗塞の原因には多くの病態があるが、不明な場合も多い。臨床的に重要な原因は、胸腹部大動脈における解離性大動脈瘤、大動脈のアテローム硬化、大動脈の手術、大動脈からのアテローム塞栓などが挙げられる。

重症度・予後: >詳細情報 
  1. 麻痺などの程度が重度で長時間持続する場合の機能予後は不良である。
  1. 発症後比較的早期(1~2日以内)に改善する場合は良好な機能予後が期待できる。
 
治療: >詳細情報 アルゴリズム
  1. 発症頻度が少なく治療方針は確立していない。
  1. 急性期の脊髄浮腫にはグリセロール、ステロイドの大量投与が、虚血性の酸化ストレス軽減にはエダラボンが有効である。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断・鑑別のための評価例
  1. 詳細な神経学的診察所見および脊髄MRI画像所見を参考に診断する。
  1. 発症が急激で解離性感覚障害などを呈する典型例では、診断は容易である。MRIで急性期特有の脊髄腫大や脊髄前半部での高信号領域(拡散協調画像、T2協調画像)を認め、同部位がGd-DTPA造影で増強されれば確実な診断となる。病変部位は頚髄と胸髄、円錐部が多い。
  1. 鑑別診断としては、脊髄動静脈奇形、脱髄疾患、脊髄炎、転移性硬膜外腫瘍などがある。いずれもMRIや髄液所見が鑑別に有用である。
○ 鑑別のために下記を行う。特にMRIが重要である。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

脊髄梗塞のアルゴリズム
著者校正済:2016/08/19
現在監修レビュー中