今日の臨床サポート

航空性中耳炎

著者: 山口展正 山口内科耳鼻咽喉科

監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院

著者校正/監修レビュー済:2022/09/28
患者向け説明資料
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、 著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※同効薬・小児・妊娠および授乳中の注意事項等は、海外の情報も掲載しており、日本の医療事情に適応しない場合があります。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適応の査定において保険適応及び保険適応外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適応の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
山口展正 : 特に申告事項無し[2022年]
監修:森山寛 : 特に申告事項無し[2022年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、一部追記・補足した。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
疾患のまとめ:
  1. 航空性中耳炎[1](航空性中耳症)[2]は気圧外傷(barotrauma)の1つである。
  1. 航空性中耳炎(aero-otitis media)はArmstrong(1939年)[1]により命名されたが、笹木(1944)は気圧の陰圧の作用で生じる外傷性障害のため炎症でなく航空性中耳症と呼ぶのが望ましい[2]と提唱した。
  1. 航空機の上昇、下降時に外界圧と中耳(鼓室・乳突蜂巣)圧との圧差により生じる。<図表>
  1. 旅客機では通常下降時に生じる。
  1. 症状は耳閉塞感、耳痛、耳の違和感、難聴、耳鳴などである。乳幼児では自覚症状に乏しい。戦闘機で急上昇したときにまれではあるがめまいを生ずることがある。まれではあるが急性感音難聴を呈することがあり見逃さないことが大切である。鼓膜所見は正常、血管の拡張・充血・出血、内陥、中耳貯留液(滲出性、血性)の透見像、鼓膜穿孔などである。<図表> <図表> <図表> <図表> <図表> <図表>
  1. 年齢を問わず乳幼児、高齢者でも生じる。
  1. 一般乗客に発症した場合には保存的療法で経過良好のことが多い。
  1. 航空性中耳炎の原因・誘引、予防法、耳管の生理機能に準じた耳抜き法を認知しておくことが大切である。
 
  1. 突発的な不慮の事故において起きる中耳炎
  1. 通常航空機内の気圧は与圧システムにより水平飛行時は約0.8気圧に保たれているが、与圧機能が作動しなくなった場合には、急激に減圧し、高度10000mでは地上の1/3気圧以下になる。
  1. 急激な減圧により窒素ガスの溶解する飽和量が減少し窒素ガスの一部は気泡化し減圧症を生じ、地上の気圧の1/2になる高度5500m以上で減圧症が発生することが多い[13]
  1. 飛行機墜落後、全身所見が強く鼓膜出血所見があっても耳の自覚症状に乏しかったという症例がある。
 
  1. 幼児と高齢者症例
  1. 2歳男子:1歳より飛行機に乗る度に槌骨柄に沿った部位と鼓膜緊張部にも血管の拡張・血液の鬱滞が認められた(a)。1歳の飛行後も同所見であり自覚症状に乏しい。<図表>
  1. 3歳児以下の症例(6名)は来院時偶然見つかっている。乳突蜂巣の発育が少ない3歳児以下では鼓膜弛緩部の内陥は認められなかった。
  1. 5歳児、前日の下降時“ボー”とする。アレルギー性鼻炎あり、滲出液を伴っていた(b)。
  1. 70歳以上の高齢者症例(11症例)では、自覚症状に乏しく、張りのない鼓膜で鼓膜弛緩部の内陥を伴い中耳貯留液の存在する症例(<図表>)が多く、長期中耳炎の既往が示唆された。
  1. 追記:幼児は自分の症状を的確に言えず、高齢者も鼓膜所見に比べて自覚症状に乏しく、共に鼓膜所見の観察は大切である。
 
病態:
 
外界圧変動による中耳(鼓室―乳突蜂巣)圧と鼓膜の関係

上昇中は中耳(鼓室-乳突蜂巣)の空気が膨張し外界に対し相対的陽圧となり、鼓膜が膨隆する。上昇中は嚥下をしなくても過剰な空気が耳管より鼻咽腔へ排出される。嚥下をするとさらに改善される。水平飛行時、中耳圧と外界圧は等しくなる。下降中は中耳の空気が縮小し外界圧に対し相対的陰圧となり鼓膜は内陥する。通常は嚥下により耳管が開き、中耳圧と外界圧は平衡となり耳症状(耳閉塞感、難聴)がなくなるが、耳管が開かないと中耳圧と外界圧の圧差が増大し、耳症状が悪化する。中耳腔が陰圧になると、鼓膜の血管拡張・出血、鼓膜の内陥、中耳粘膜から滲出液露出、血性貯留液も生じうる。

 
  1. 外界の圧変動時中耳腔内圧は変動する。
  1. 耳管が開かないと中耳圧―外界圧が不均衡となり航空性中耳炎を生じる。
  1. 上昇中は中耳(鼓室・乳突蜂巣)の空気が膨張し外界に対し相対的陽圧となり、鼓膜が膨隆する。
  1. 上昇中は嚥下をしなくても過剰な空気が耳管より鼻咽腔へ排出される。
  1. 水平飛行中には中耳圧と外界圧は等しくなり、下降中は中耳の空気が縮小し外界圧に対し相対的陰圧となり鼓膜は内陥する。
  1. 通常は嚥下により、中耳圧と外界圧は平衡となって耳症状がなくなるが、耳管が開かないと中耳圧と外界圧の圧差により耳症状が持続・悪化する。
  1. 乳突蜂巣の気胞化の良いほうがより中耳圧の減少があるという指摘がある[3]
  1. 耳管がロックされた状態になると発育のよい乳突蜂巣ほど中耳内の空気の容量の変化は大きく、中耳粘膜・鼓膜への影響を及ぼすと考えられる[4]
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 航空機に搭乗した日時、上昇時、下降時に生じた症状を問う。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

G HERBERTS
A study of the function of tuba eustachii.
Upsala Lakareforen Forh. 1948;53(5-6):293-9.
Abstract/Text
PMID 18099480
P F King
The Eustachian tube and its significance in flight.
J Laryngol Otol. 1979 Jul;93(7):659-78.
Abstract/Text
PMID 469397
P Groth, A Ivarsson, A Nettmark, O Tjernström
Eustachian tube function in selection of airmen.
Aviat Space Environ Med. 1980 Jan;51(1):11-7.
Abstract/Text A comprehensive study of Eustachian tube function in 84 aspirants accepted for flight training was made. Using a pressure chamber, both static and dynamic pressure changes, as in ascent and descent, were applied to test the tubal pressure equilibrating capacity in the sitting position. While all 84 were otologically healthy, a wide range in the pressure equilibrating capacity was found--20% could not equilibrate static over- and underpressures of 10 cm H2O completely, 8% could not equilibrate at all during simulated descent, 3 subjects reported acute vertigo during simulated ascent in combination with high unilateral middle ear pressure. Asymmetry between ears of single subjects in pressure equilibrating capacity was also found to a large extent. It was not possible to identify subjects with poor equilibrating capacity by simple tests like Valsalva's or Toynbee's manoeuvres. The results may indicate that today's criteria for Eustachian tube function in the selection of airmen can be made more efficient.

PMID 7362539
C D Bluestone, E I Cantekin, Q C Beery
Certain effects of adenoidectomy of Eustachian tube ventilatory function.
Laryngoscope. 1975 Jan;85(1):113-27.
Abstract/Text In an effort to develop a simple and accurate method to identify children in whom adenoidectomy might prevent otitis media, the ventilatory function of the Eustachian tube was assessed by a manometric technique. Nasal pressures during swallowing were also determined in some. The study group consisted of 23 children with otitis media in whom tympanostomy tubes had been inserted. All were judged clinically and roentgenographically to have prominent adenoids. Inflation-deflation Eustachian tube ventilation studies were obtained in 36 ears that remained intubated, aerated and dry both before and eight weeks after adenoidectomy. Fifteen of the 36 (42 percent) ears had improvement in Eustachian tube ventilatory function postadenoidectomy which was attributed to relief of extrinsic mechanical obstruction of the tube. In the remaining 21 (58 percent) ears in which Eustachian tube function was not improved, mechanical obstruction was not apparent preoperatively. The effect of nasopharyngeal pressures on a pliant Eustachian tube (Toynbee phenomenon) due to obstruction of the posterior nasal choanae by the adenoid mass was suggested as a possible cause of functional Eustachian tube obstruction. In several instances in which preadenoidectomy mechanical obstruction of the Eustachian tube was not demonstrated, the tube appeared to have been made more pliant by the operation. This increase in compliance of the Eustachian tube was attributed to loss of adenoid support of the tube in the fossa of Rosenmuller. From this study, preliminary recommendations for selection of patients for adenoidectomy are the following: 1. Eustachian tube ventilation function tests in a dry, intubated middle ear; 2. if extrinsic mechanical obstruction of the Eustachian tube is present and chronic inflammation is absent, adenoidectomy will probably improve Eustachian tube function. The surgical technique should include adequate removal of the adenoid tissue in the fossa of Rosenmuller; 3. if the Eustachian tube does not appear to be mechanically obstructed, the adenoids should not be removed unless functional obstruction is suspected due to obstruction of the posterior nasal choanae. Adenoid tissue within the fossa of Rosenmuller should not be removed when such circumstances exist; and 4. in the abscence of obstructive adenoids to the nasal choanae or Eustachian tube, adenoidectomy probably will not improve Eustachian tube function and could make it worse. A more rational and effective approach to adenoidectomy for the prevention of otitis media in children may be possible through this type of preoperative evaluation.

PMID 1089852
V Misurya
Physiologic eustachian tube inflation.
Arch Otolaryngol. 1975 Dec;101(12):730-2.
Abstract/Text A new maneuver (oral positive pressure) of voluntary middle ear inflation is described. The efficacy of this new maneuver over the Valsalva maneuver was established by conducting an experiment in 50 normal volunteers and a clinical trial in 75 patients with Eustachian tube obstruction and in 25 patients with chronic serous otitis media. The lower opening pressure and higher available head of pressure, characteristic of this new maneuver, is hoped to be of definite therapeutic value in the management of the previously mentioned conditions. This maneuver has a potential for use in aviation medicine.

PMID 1200920
Sven-Eric Stangerup, Mads Klokker, Søren Vesterhauge, Samuel Jayaraj, Peter Rea, Jonathan Harcourt
Point prevalence of barotitis and its prevention and treatment with nasal balloon inflation: a prospective, controlled study.
Otol Neurotol. 2004 Mar;25(2):89-94.
Abstract/Text INTRODUCTION: The most common cause of barotitis is pressure changes induced during descent in aviation. The incidence after air flight has been reported to vary from 8% to 17%.
OBJECTIVES: We conducted this study to estimate the incidence of barotitis after flight, to evaluate whether the incidence of barotitis can be reduced by nasal balloon inflation during descent, and, finally, to estimate the effect of nasal balloon inflation in case of negative middle ear pressure after landing.
STUDY DESIGN: Aircraft passengers were examined by otoscopy and tympanometry before and after flying and filled in a questionnaire inquiring about ear problems. On half of the flights, the passengers were asked to inflate a nasal balloon during descent, whereas the other half were control flights.
RESULTS: A total of 188 passengers filled in the questionnaire. Of these, 134 were examined before and after the flight. Otoscopic signs of barotitis were found in 15% of the ears in the control group compared with 6% in the balloon inflation group. In ears with a negative pressure after flying, the pressure could be equalized by Valsalva's maneuver in 46%. Passengers who were unable to equalize the pressure in this way inflated a nasal balloon, and in 69%, this maneuver cleared the middle ear pressure.
CONCLUSION: The incidence of barotitis in this study of aircraft passengers was 14%. This figure could be reduced to 6% in passengers who performed nasal balloon inflation during descent. We recommend nasal balloon autoinflation in aircraft passengers who have difficulty clearing their ears during and after flying.

PMID 15021764

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから