今日の臨床サポート

急性喉頭蓋炎・喉頭浮腫

著者: 中島 寅彦 国立病院機構 九州医療センター 耳鼻咽喉科

監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院

著者校正/監修レビュー済:2021/03/03
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 嚥下障害を伴う強い咽頭痛があり、声がおかしい(含み声)と訴える症例では急性喉頭蓋炎を想起し鑑別に置く(推奨度1)。
  1. 呼吸困難の有無を必ず聴取する(推奨度1)。
  1. 喉頭蓋の腫脹や高度な披裂部の腫脹を認める場合は呼吸困難がない場合でも、入院による治療(気道確保を準備したうえで抗菌薬、ステロイドの全身投与)が必要である(推奨度1)。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
中島 寅彦 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:森山寛 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った(変更なし)。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 急性喉頭蓋炎とは、細菌感染による声門上部の急性炎症であり、炎症に伴う浮腫は喉頭蓋から披裂部、披裂喉頭蓋ヒダ、喉頭蓋谷に及び、窒息を来すことがある。
  1. わが国では2.5~10人/10万人程度の発症頻度との報告があり、2~3倍男性に多い[1][2]
  1. 小児の発症は近年減少傾向で、40歳代に発症ピークがあり、季節性はないとされるが、高温の時期に多い傾向があるとの報告もある[3][4]
  1. 原因菌はH. influenzaeをはじめ、多菌種が原因となり得る[5][6]
  1. 小児では急激に浮腫が進行することが多い。
  1. このほか、喉頭浮腫を来す疾患・病態として心疾患、低蛋白血症、種々のアレルギー、血管性浮腫、頚部への放射線照射、頚部手術(頚部郭清など)、上大静脈症候群などがあり、鑑別を要する。
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 成人では嚥下困難を伴う強い咽頭痛、発熱を訴えることが多い。呼吸困難の有無を必ず聴取する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: E G Kass, E A McFadden, S Jacobson, R J Toohill
雑誌名: Laryngoscope. 1993 Aug;103(8):841-4. doi: 10.1288/00005537-199308000-00002.
Abstract/Text Acute epiglottitis in adults may follow an unpredictable clinical course, complicated by acute airway obstruction. Our experience with this disease was evaluated by looking at yearly incidence, seasonal occurrence, and clinical variables of both intubated and conservatively managed patients. In our series of 17 cases from 1987 through 1990, 16 occurred in 1988 and 1989. Ten of 17 cases occurred during the summer months. The two patients who developed stridor went on to require intubation and tracheotomy. Statistical analysis of our data revealed that, in adult acute epiglottitis, stridor is a strong predictor of airway obstruction. A significant summer seasonal predominance was seen, as well as a suggestion of an epidemic in 1988 and 1989.

PMID 8361284  Laryngoscope. 1993 Aug;103(8):841-4. doi: 10.1288/00005・・・
著者: Gilead Berger, Tali Landau, Sivan Berger, Yehuda Finkelstein, Joelle Bernheim, Dov Ophir
雑誌名: Am J Otolaryngol. 2003 Nov-Dec;24(6):374-83.
Abstract/Text OBJECTIVE: To examine preliminary observations that the incidence of adult acute epiglottitis has risen between 1986 and 2000.
MATERIALS AND METHODS: Demographics, annual and seasonal occurrences, clinical presentation, diagnostic procedures, treatment, airway management, and complications of 116 consecutive adult patients with laryngoscopically confirmed acute epiglottitis are presented.
RESULTS: The mean annual incidence of acute epiglottitis per 100,000 adults significantly increased from 0.88 (from 1986-1990) to 2.1 (from 1991-1995) and to 3.1 (from 1996-2000) (P <.001). This rise seems to be unrelated to Haemophilus influenzae type b infection but related to miscellaneous pathogenic bacteria. During these periods, the number of epiglottic abscesses increased concomitantly with the rise in the incidence of acute epiglottitis (from 4/14 episodes [29%], to 8/38 [21%], and to 16/66 [24%], respectively), showing a relatively constant ratio between both phenomena (P =.843). Twenty-five patients (21%) underwent airway intervention, 16 because of objective respiratory distress and 9 because of imminent respiratory obstruction. Stepwise logistic regression showed that drooling, diabetes mellitus, rapid onset of symptoms, and abscess formation were associated with airway obstruction. Diverse origins for the epiglottic abscess, either from coalescent epiglottic infection or from mucopyocele of the tongue base, are suggested.
CONCLUSIONS: A rise in the incidence of acute epiglottitis and a concomitant rise in the number of epiglottic abscesses were established. Although the course of acute epiglottitis is often benign and can be safely treated with a conservative management approach, delayed airway obstruction may develop from a few hours to days after admission.

PMID 14608569  Am J Otolaryngol. 2003 Nov-Dec;24(6):374-83.
著者: Mohannad Al-Qudah, S Shetty, M Alomari, Maen Alqdah
雑誌名: South Med J. 2010 Aug;103(8):800-4. doi: 10.1097/SMJ.0b013e3181e538d8.
Abstract/Text Acute adult supraglottitis can be a serious, life-threatening disease because of its potential for sudden upper airway obstruction. Symptoms and signs of this disease may be nonspecific and may resemble those of upper respiratory tract infection. Unexplained sore throat with tenderness of the anterior neck over the hyoid bone warrant careful examination by flexible laryngoscopy to rule out laryngeal congestion and edema. Laboratory tests are usually not helpful in picking up the diagnosis. Following diagnosis, patients should be hospitalized, started on intravenous antibiotics and their airway closely monitored, as airway obstruction may develop.

PMID 20622745  South Med J. 2010 Aug;103(8):800-4. doi: 10.1097/SMJ.0b・・・
著者: Hideaki Katori, Mamoru Tsukuda
雑誌名: J Laryngol Otol. 2005 Dec;119(12):967-72. doi: 10.1258/002221505775010823.
Abstract/Text We reviewed acute epiglottitis (AE) and identified factors associated with airway intervention. This report was a retrospective review of patients with AE and compared with factors associated with airway intervention. We reviewed 96 patients who were diagnosed with AE in our hospitals in Japan. Ninety-two (96 per cent) patients were adults, and no seasonal variation in the incidence of AE was encountered. Eight (8 per cent) patients had tracheostomy and endotracheal intubation had not been done. We found that symptoms of stridor and muffled voice, a rapid clinical course, and diabetes mellitus were the factors associated with airway intervention. Extremely severe swelling of the epiglottis such that only less than half of the posterior vocal fold (scope classification (SC): III) could be seen, and extension of the swelling to the arytenoids (SC: B) were the two factors that were strongly associated with airway intervention.

PMID 16354360  J Laryngol Otol. 2005 Dec;119(12):967-72. doi: 10.1258/・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから