今日の臨床サポート

変形性肘関節症

著者: 坪川直人 新潟手の外科研究所

監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター

著者校正/監修レビュー済:2021/04/07
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 疼痛、可動域制限により日常生活動作(ADL)に支障がある場合は関節授動術が推奨される。
  1. 肘部管症候群による尺骨神経麻痺を合併する場合は尺骨神経皮下前方移行術をあわせて行うことが推奨される。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
坪川直人 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:落合直之 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 肘関節授動術の治療方法、肘関節鏡視下の関節授動術の追加

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 肘関節は腕尺関節、腕橈関節、近位橈尺関節の3つの関節からなる。
  1. 変形性肘関節症とは、関節軟骨の老化性退行変性を基盤とし、これに何らかの原因が加わって関節軟骨の変性および骨棘、骨堤を生じる関節疾患である。
 
肘関節を形成する上腕骨、橈骨、尺骨

a:前面 b:後面 c:側面

出典

img1:  著者提供
 
 
 
  1. 腕尺関節軟骨自体の変性よりも、鉤状突起窩、肘頭窩、橈骨窩、上腕骨小頭などの上腕骨側の骨堤、および尺骨鉤状突起、肘頭、橈骨頭の骨棘が形成され、関節遊離体が存在する場合もある[1]
 
変形性肘関節症の病態

骨棘、骨堤の好発部位
a:上腕骨(掌側)
b:上腕骨(背側)
c:上腕骨(内側)
d:前腕骨(尺側)
e:前腕骨(掌側)

出典

 
  1. 一次性関節症(加齢、労働・スポーツなどによる過度の使用)、外傷(関節内骨折、靱帯損傷)、炎症による関節炎などの原因が考えられる。
  1. 一次性関節症は男性が4倍と圧倒的に多く、特に50歳以上に多い。
  1. 40~50%の症例に肘部管症候群を合併する。<図表>
  1. 症状として肘痛、可動域制限が主症状で、肘部管症候群による小指、環指のしびれ、手内在筋の萎縮が加わる。
 
肘部管症候群合併症例

手内在筋の萎縮

出典

img1:  著者提供
 
 
 
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 発症時期、職業歴、外傷歴、スポーツ歴を確認する。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Samuel A Antuña, Bernard F Morrey, Robert A Adams, Shawn W O'Driscoll
雑誌名: J Bone Joint Surg Am. 2002 Dec;84-A(12):2168-73.
Abstract/Text BACKGROUND: Primary degenerative arthritis of the elbow is an uncommon disorder that recently has been more clearly recognized. The purpose of this study was to analyze the long-term results and complications of ulnohumeral arthroplasty as treatment of primary osteoarthritis of the elbow and to document any tendency for recurrence of the arthritis after the procedure.
METHODS: The results of ulnohumeral arthroplasties performed at our institution, between 1986 and 1996, in forty-six elbows (forty-five patients) with primary osteoarthritis were reviewed at an average of eighty months (range, twenty-four to 164 months) after the operation. There were forty-four men and one woman with a mean age of forty-eight years. All patients complained of pain with terminal elbow extension. The pain was associated with locking in fourteen elbows and with ulnar nerve symptoms in twelve. The surgical procedure involved fenestration of the olecranon fossa and excision of olecranon and coronoid osteophytes in all patients, with removal of loose bodies in thirty-six elbows. A capsular release was performed in nineteen elbows, and an ulnar nerve transposition or neurolysis was done in eight. Preoperative and follow-up assessment included evaluation of elbow pain and range of motion with the Mayo Elbow Performance Score.
RESULTS: The mean arc of flexion-extension improved from 79 degrees (range, 10 degrees to 135 degrees) preoperatively to 101 degrees (range, 45 degrees to 135 degrees) at the time of follow-up (p < 0.05). At the last follow-up examination, thirty-five elbows (76%) were not painful or were only mildly painful and eleven were moderately or severely painful. According to the Mayo Elbow Performance Score, the result was excellent for twenty-six elbows, good for eight, fair for four, and poor for eight. Thirteen of the forty-five patients reported some degree of ulnar nerve symptoms postoperatively, and six of them required another operation to decompress or translocate the nerve. Two other patients underwent additional surgery because of persistent symptoms.
CONCLUSIONS: The data from this study show that ulnohumeral arthroplasty can yield satisfactory long-term pain relief and an increase in the range of motion. Patients with severe preoperative limitation of elbow extension of >60 degrees and flexion of <100 degrees and those who undergo manipulation under anesthesia in the early postoperative period to increase motion are at risk for the development of ulnar nerve dysfunction postoperatively. One should consider prophylactic ulnar nerve decompression or mobilization under these circumstances.

PMID 12473704  J Bone Joint Surg Am. 2002 Dec;84-A(12):2168-73.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから