今日の臨床サポート 今日の臨床サポート

著者: 田上哲也 国立病院機構京都医療センター 内分泌・代謝内科

監修: 平田結喜緒 公益財団法人 兵庫県予防医学協会 健康ライフプラザ

著者校正/監修レビュー済:2023/07/19
参考ガイドライン:
  1. BMJ: Thyroid hormones treatment for subclinical hypothyroidism – a clinical practice guideline (2019)
  1. 米国内分泌学会(ES): Management of thyroid dysfunction during pregnancy and postpartum: an Endocrine Society clinical practice guideline(2012)
  1. 米国甲状腺学会(ATA):
  1. Guidelines for the diagnosis and management of thyroid disease during pregnancy and the postpartum (2017)
  1. Guidelines for the treatment of hypothyroidism: prepared by the ATA task force on thyroid hormone replacement (2014)
  1. 米国甲状腺学会(ATA)/米国臨床内分泌学会(AACE):Clinical practice guidelines for hypothyroidism in adults: cosponsored by the AACE and the ATA(2012)
  1. 欧州甲状腺学会(ETA):
  1. Guidelines on the management of thyroid dysfunction following immune reconstitution therapy (2019)
  1. Thyroid Disorders prior to and during Assisted Reproduction(2021)
  1. Guidelines for the Management of Iodine-Based Contrast Media-Induced Thyroid Dysfunction(2021)
  1. the Management of Thyroid Dysfunction following Immune Reconstitution Therapy(2019)
  1. Guidelines for the management of amiodarone-associated thyroid dysfunction (2018)
  1. Guidelines on the diagnosis and management of central hypothyroidism (2018)
  1. Guidelines for the management of subclinical hypothyroidism in pregnancy and in children (2014)
  1. Guideline for the management of subclinical hypothyroidism (2013)
  1. ATA,BTA,ETA: Evidence-Based Use of Levothyroxine/Liothyronine Combinations in Treating Hypothyroidism: A Consensus Document(2021)
  1. 欧州小児内分泌学会(ESPE): Consensus guidelines on screening, diagnosis, and management of congenital hypothyroidism (2014)
  1. 日本小児内分泌学会(JSPE): Guidelines for mass screening of congenital hypothyroidism, revision (2014)
  1. 日本甲状腺学会:甲状腺ホルモン不応症診療の手引き(2023)
患者向け説明資料

改訂のポイント:
  1. 甲状腺ホルモン不応症診療の手引き(2023)に基づき、甲状腺ホルモン不応症(RTH)について加筆した。
  1. RTHは甲状腺ホルモンに対する感受性が減弱した稀な遺伝性疾患である。RTHを早期に診断し適切な治療を行うことを目的として、日本甲状腺学会から甲状腺ホルモン不応症診療の手引きが2023年4月に発刊された。RTHの概要、診断、重症度分類に始まり、実臨床における治療の手引きが、FCQ(foreground clinical question)とBCQ(background clinical question)、コラムの形式で解説されている。
  1. RTH不応症診療の手引きより、以下4つのFCQについて紹介した。
  1. 1. 頻脈に対するβ遮断薬の使用:加齢により心房細動の頻度が高くなるため、弱く推奨される。
  1. 2. 抗甲状腺薬の使用:Basedow病の合併を除き、使用しないことが弱く推奨される。
  1. 3. 甲状腺摘出術:顕著な甲状腺腫や腫瘍などの合併を除き、行わないことが弱く推奨される。
  1. 4. 放射性ヨウ素内用療法:行わないことが弱く推奨される。
 

概要・推奨   

  1. 甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの産生・分泌が低下し、耐寒性低下・発汗減少・便秘・浮腫・体重増加・傾眠傾向などの症状を来す疾患である。
  1. 本症の病態・予後・治療は、原発性か中枢性かによって大きく異なり、妊娠/出産との関係も重要である。最も多い原因は橋本病(慢性甲状腺炎)による原発性のものであり、その経過は多様である。また薬剤性機能障害が増加している。
  1. 診断には遊離サイロキシン(FT4)・甲状腺刺激ホルモン(TSH)測定が必須であるが、測定に至るまでに特徴的症状・徴候や一般検査異常から本症を疑うことが重要である(図)。
アカウントをお持ちの方はログイン
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 顕性甲状腺機能低下症の治療において、T3併用療法や甲状腺末の使用がLT4単独療法より優れるというエビデンスはなく、現時点では、LT4とリオチロニン(LT3)の併用療法は勧められない(推奨度3)
  1. LT4+LT3併用療法は、先天性顕性甲状腺機能低下症と甲状腺ホルモン不応症のTSHとT4の正常化を促進する(推奨度2)
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります 。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、 著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※同効薬・小児・妊娠および授乳中の注意事項等は、海外の情報も掲載しており、日本の医療事情に適応しない場合があります。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適応の査定において保険適応及び保険適応外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適応の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
田上哲也 : 特に申告事項無し[2023年]
監修:平田結喜緒 : 特に申告事項無し[2023年]

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから