今日の臨床サポート

慢性下肢動脈閉塞

著者: 宮田哲郎 国際医療福祉大学医学部医学教育統括センター

監修: 今井靖 自治医科大学 薬理学講座臨床薬理学部門・内科学講座循環器内科学部門

著者校正/監修レビュー済:2020/01/17
参考ガイドライン:
  1. Global vascular guidelines on the management of chronic limb-threatening ischemia (2019)
  1. 2017 ESC Guidelines on the Diagnosis and Treatment of Peripheral Arterial Diseases, in collaboration with the European Society for Vascular Surgery (2017)
  1. Society for Vascular Surgery practice guidelines for atherosclerotic occlusive disease of the lower extremities: Management of asymptomatic disease and claudication (2015)
  1. 日本循環器学会:末梢閉塞性動脈疾患の治療ガイドライン(2015 年改訂版)(2015)
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 慢性下肢動脈閉塞の原因疾患でASOが最も多くを占める。
  1. ASOの治療目標は、①下肢症状の改善と、②生命予後の改善である。
  1. ASO患者の生命予後改善のためには、糖尿病、高血圧、および、脂質異常症のコントロール、禁煙の徹底を指導する。さらに下肢虚血症状(間歇性跛行、安静時疼痛、潰瘍・壊死)がある患者には、抗血小板薬の投与を行うことが脳心血管イベントの発生を抑えるために有用である。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 足部の潰瘍・壊死をみたならば、CLTIを疑い、確定診断のために下肢の血流評価(脈拍の触知の有無、ABI、TBI、SPP、TcPO2)を行う。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
宮田哲郎 : 研究費・助成金など(バイエル薬品(株))[2021年]
監修:今井靖 : 講演料(第一三共株式会社)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 「慢性下肢動脈閉塞」について解説した。
  1. 新たに発表されたGlobal Vascular Guideline (GVG)で提案された項目を取り入れた。

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 慢性下肢動脈閉塞では、生体の代償機構として、閉塞部位の血流を補う側副血行路が形成される。閉塞状況(広範囲の閉塞、多発閉塞、末梢の閉塞、比較的短時間の閉塞)や、患者の活動状況により、側副血行路が機能を代償しきれなくなると、「間歇性跛行」、「安静時疼痛」、「潰瘍・壊死」といった虚血症状が出現する。
  1. 主幹動脈が閉塞していても虚血症状がない「無症状」患者は、有症状患者数の2~3倍とされている。
  1. 「間歇性跛行」では、歩行運動により増加する筋肉の血液需要に、側副血行路を介する供給が追いつかない結果、歩行で使用する腓腹部や殿部の筋肉に疼痛が生じる。休息で血液供給が満たされるため症状が軽快するが、運動再開で症状再燃を繰り返す。
  1. 「安静時疼痛」、「潰瘍・壊死」は、虚血に強い皮膚ですら障害が生じる、高度虚血となった結果、下肢末端に疼痛、潰瘍、壊死が生じる。最近、下肢虚血、組織欠損、神経障害、感染といった肢切断リスクを持ち、治療介入が必要な下肢の総称として、包括的高度慢性下肢虚血(CLTI: Chronic Limb-Threatening Ischemia)の概念が提唱された。
  1. 軽度の間歇性跛行が徐々に増悪して潰瘍・壊死となる場合と、無症状のまま虚血が進行し、外傷などをきっかけに潰瘍・壊死が出現する場合とがある。後者は患者の活動性が低い場合が多い。
  1. 慢性下肢動脈閉塞の原因疾患で最も多いのは、閉塞性動脈硬化症(ASO: arteriosclerosis obliterans)である。それ以外には、閉塞性血栓性血管炎(TAO: thromboangiitis obliterans)、膝窩動脈捕捉症候群(末梢塞栓を伴う)、慢性塞栓症、ベーチェット病、膠原病などが原因となる。
  1. ASOの背景には全身の動脈硬化症があり、日本人ASO患者の約3割に虚血性心疾患を、約2割に脳血管障害を合併し、約4割には虚血性心疾患と脳血管障害のいずれかを合併する。このため、動脈硬化症に対して未治療のASO患者の生命予後は不良である。
問診・診察のポイント  
  1. 慢性下肢動脈閉塞患者は、間歇性跛行および足、足趾のしびれ、疼痛、色調変化、潰瘍、壊死を主訴に受診する。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから