今日の臨床サポート

直腸肛門部腫瘤

著者: 金城謙太郎 帝京大学医学部 救急医学講座総合診療科

監修: 井村洋 飯塚病院

著者校正/監修レビュー済:2017/01/20
患者向け説明資料

概要・推奨   

所見のポイント:
  1. 直腸肛門部腫瘤は直腸、肛門部の腫瘤のことである。
 
診断へのアプローチ:(診察:・アルゴリズム:)
  1. 高齢者、炎症性腸疾患・大腸直腸癌の家族歴、治療にもかかわらず出血が続く場合、体重減少、鉄欠乏性貧血など悪性を疑われる場合は、大腸鏡による精査、生検が必要である。
  1. 外痔核、内痔核、直腸肛門部コンジローマ(肛門陰部疣贅)、肛門周囲膿瘍、直腸脱、ポリープ、直腸癌、肛門癌(上皮内含む)、ベーチェット病、メラノーマ、ボーエン病やその他の皮膚疾患などを念頭に置いて診断、治療する。
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
閲覧にはご契
臨床のポイント:
  1. 診察では、肛門・直腸の直接視診を欠かすことはできない
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
金城謙太郎 : 未申告[2021年]
監修:井村洋 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 直腸肛門部腫瘤は、外痔核、内痔核、直腸肛門部コンジローマ(肛門陰部疣贅)、肛門周囲膿瘍、直腸脱、ポリープ、直腸癌、肛門癌(上皮内含む)、ベーチェット病、メラノーマ、ボーエン病などを念頭に置いて診断、治療する[1]
  1. 高齢者、炎症性腸疾患・大腸直腸癌の家族歴、治療にもかかわらず出血が続く場合、体重減少、鉄欠乏性貧血など悪性を疑われる場合は、大腸鏡による精査、生検が必要である[1]
  1. 肛門上皮内悪性腫瘍は、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染により生じ、肛門癌へ移行する。HPVによる子宮頚部癌の発展様式と同様である[2]
  1. 大腸癌(肛門癌含む)はわが国において、癌部位別総患者数151万8000人中、23万5000人である(他の消化器癌としては、胃癌21万3000人、肝・肝内胆管癌6万6000人)[3]
  1. 肛門癌は米国において、消化器癌の2%を占め、年間6.230人が新たに診断される。ここ30年で罹患数は増加し、特に女性、HPV感染、性交渉の生涯人数、陰部疣贅、喫煙、アナルセックスの受け入れ、ヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus、HIV)でリスクが上がる。肛門癌は、他の消化器癌よりも、陰部悪性腫瘍とより似ている。また、男性同士でのアナルセックスによる罹患率の上昇が懸念されている[4][5]
  1. 肛門癌は手術により摘出可能なことが多いが、部位、大きさ、リンパ節転移が予後因子である。専門家へのコンサルトが必要であり、化学療法、放射線療法なども考慮する[1]
問診・診察のポイント  
  1. 肛門括約筋や、その直上の腫瘤からの出血は、痔核と誤って認識され、診断が遅れることになる。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Matthew V Fargo, Kelly M Latimer
雑誌名: Am Fam Physician. 2012 Mar 15;85(6):624-30.
Abstract/Text The prevalence of benign anorectal conditions in the primary care setting is high, although evidence of effective therapy is often lacking. In addition to recognizing common benign anorectal disorders, physicians must maintain a high index of suspicion for inflammatory and malignant disorders. Patients with red flags such as increased age, family history, persistent anorectal bleeding despite treatment, weight loss, or iron deficiency anemia should undergo colonoscopy. Pruritus ani, or perianal itching, is managed by treating the underlying cause, ensuring proper hygiene, and providing symptomatic relief with oral antihistamines, topical steroids, or topical capsaicin. Effective treatments for anal fissures include onabotulinumtoxinA, topical nitroglycerin, and topical calcium channel blockers. Symptomatic external hemorrhoids are managed with dietary modifications, topical steroids, and analgesics. Thrombosed hemorrhoids are best treated with hemorrhoidectomy if symptoms are present for less than 72 hours. Grades I through III internal hemorrhoids can be managed with rubber band ligation. For the treatment of grade III internal hemorrhoids, surgical hemorrhoidectomy has higher remission rates but increased pain and complication rates compared with rubber band ligation. Anorectal condylomas, or anogenital warts, are treated based on size and location, with office treatment consisting of topical trichloroacetic acid or podophyllin, cryotherapy, or laser treatment. Simple anorectal fistulas can be treated conservatively with sitz baths and analgesics, whereas complex or nonhealing fistulas may require surgery. Fecal impaction may be treated with polyethylene glycol, enemas, or manual disimpaction. Fecal incontinence is generally treated with loperamide and biofeedback. Surgical intervention is reserved for anal sphincter injury.

PMID 22534276  Am Fam Physician. 2012 Mar 15;85(6):624-30.
著者: M von Knebel Doeberitz
雑誌名: Eur J Med. 1992 Dec;1(8):485-91.
Abstract/Text As summarized in the last issue of the EJM, human papillomaviruses induce a great variety of neoplastic lesions of mucosal epithelia and the skin. Particular types of these viruses are associated with specific human cancers, most notably anogenital carcinomas. These tumours account for about fifteen percent of the whole worldwide cancer burden. However, recent epidemiological studies revealed that papillomavirus infections including those with the cancer-related papillomavirus types are very widespread even among asymptomatic healthy individuals. Here, the current understanding of the molecular events leading to papillomavirus-induced tumours will be reviewed. It is assumed that these tumours arise as a consequence of several molecular modifications of persistently papillomavirus-infected epithelial cells. Experimental studies revealed that the virus types associated with anogenital cancers harbour two potential oncogenes referred to as E6 and E7. These viral genes are consistently expressed in HPV-associated anogenital carcinoma cells. HPV-associated cervical carcinoma cells loose their neoplastic growth properties if the expression of the E6 and E7 genes is inhibited. The proteins encoded by these viral genes thus appear to be ideal targets for a specific pharmacological approach to treat papillomavirus associated cancers or their respective precursor lesions. Recent studies in animals furthermore suggest that active vaccination with the viral oncoprotein E7 prevents growth of papillomavirus associated tumours. Hence, the possibility arises that also in man, vaccination with the viral transforming proteins might prevent the development of papillomavirus associated cancers.

PMID 1341208  Eur J Med. 1992 Dec;1(8):485-91.
著者: J R Daling, N S Weiss, L L Klopfenstein, L E Cochran, W H Chow, R Daifuku
雑誌名: JAMA. 1982 Apr 9;247(14):1988-90.
Abstract/Text To determine whether characteristics that are correlated with male homosexual behavior are associated with the incidence of cancer, the names of persons with a diagnosis of cancer in western Washington during 1974 to 1979 were linked to those in the state syphlis registry. Eight of 47 men with anal cancer were found to have had a reactive FTA test result; the expected number, based on the proportion of reactive cases among men with other sites of cancer, was only 0.40. Among men with anal cancer identified through ten population-based cancer-reporting systems in the United States, 24.4% had never been married, compared with 7.8% of men with colon and rectal cancer. Neither of these relationships was observed for women with anal cancer. Because in men, but not in women, having had syphilis and being single are associated with the practice of anal intercourse, our data suggest that anal intercourse may be a risk factor for anal cancer.

PMID 7062503  JAMA. 1982 Apr 9;247(14):1988-90.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから