放射線性肺炎 :トップ    
監修: 杉山幸比古 練馬光が丘病院 呼吸器内科
冨岡洋海 神戸市立医療センター 西市民病院 呼吸器内科

概要

疾患のポイント:
  1. 放射線性肺炎は、胸部への放射線照射後、主に照射野に起こる非感染性の肺障害である。
  1. 発症頻度に関しては、古典的な2次元照射においては、症状を伴う放射線肺臓炎、線維症の発症頻度はそれぞれ14.6%、28%、近年行われている高精度放射線治療である3次元照射においても、ステロイド治療を要する放射線肺臓炎の発症頻度は2~31%と報告されている。 エビデンス 。
  1. 照射後、1~3カ月後の比較的早期に起こる放射線肺臓炎(radiation pneumonitis)と、6~12カ月後に起こり、治癒することなく継続する放射線線維症(radiation fibrosis)の2つの病態に分けられる。
  1. 前者では、症状を呈し、急性、亜急性の経過で発症した場合には、ステロイド薬を開始する。後者では、ステロイド薬の効果は期待できず、対症療法を行う。
 
診断: >詳細情報 
  1. 症状や異常所見の出現と放射線治療開始との時間的関係があり、放射線照射部位と一致した陰影があり、肺癌などによる無気肺や他の原因による肺炎 薬剤性肺炎  、 急性肺塞栓症 、 市中肺炎  、 院内肺炎 、 ニューモシスチス肺炎 、  急性心不全 などの除外で放射線性肺炎の診断となる。陰影が照射野以上に広がる場合や、非照射側も含め、照射領域と一致しない病変の分布を呈する場合もある。
  1. 放射線性肺炎の診断のためのフローチャート:アルゴリズム
  1. 放射線性肺炎のCT画像所見:<図表>
  1. 放射線性肺炎:…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時、肺障害を評価するための検査例
  1. 間質性肺炎としての評価を行う。

追加情報ページへのリンク

 

リファレンス

img  1:  Survey of stereotactic body radiation therapy in Japan by the Japan 3-D Conformal External Beam Radiotherapy Group.
 
PMID 19735861  Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2009 Oct 1;75(2):343-7. d・・・
img  2:  Prospective Trial of Stereotactic Body Radiation Therapy for Both Operable and Inoperable T1N0M0 Non-Small Cell Lung Cancer: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0403.
 
PMID 26581137  Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2015 Dec 1;93(5):989-96. ・・・
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

放射線性肺炎の診断のためのフローチャート
放射線性肺炎(放射線肺臓炎)の初期治療フローチャート
放射線性肺炎の有害事象共通用語規準CTCAEv4.0による重症度
放射線性肺炎のCT画像所見
放射線治療後器質化肺炎(radiation-induced organizing pneumonia)の画像・病理組織所見
放射線性肺炎の発症頻度と重症度
放射線性肺炎
放射線線維症のCT画像
著者校正/監修レビュー済
2017/03/31


詳細ナビ