呼吸不全 :トップ    
監修: 巽浩一郎 千葉大学 呼吸器内科学
巽浩一郎 千葉大学 呼吸器内科学

概要

疾患のポイント:
  1. 呼吸不全とは、室内気吸入時の動脈血酸素分圧が60Torr以下となる呼吸障害、またはそれに相当する呼吸障害を呈し、意識障害、呼吸数の増加、呼吸困難、チアノーゼ等の症状を来す異常状態のことである。
  1. 呼吸不全を動脈血二酸化炭素分圧が45Torrを超えて異常な高値を呈するもの(II型呼吸不全)と然らざるもの(I型呼吸不全)とに分類する。<図表>
  1. また、呼吸不全の状態が1カ月以上持続するものを慢性呼吸不全といい、それ未満のものを急性呼吸不全という。なお、慢性呼吸不全の急性増悪は、急性呼吸不全ではない。急性呼吸不全と慢性呼吸不全では、病態も治療方針も異なる。
 
診断: >詳細情報 
  1. 室内気吸入時の動脈血酸素分圧が60Torr以下となる呼吸障害、または、それに相当する呼吸障害を呈する異常状態を呼吸不全と診断する。
  1. 呼吸不全の診断基準は動脈血液ガス分析が基本であるので、動脈血液ガス分析の値により診断する。
  1. 呼吸不全には心不全、腎不全を併存することがある。
  1. 心不全には収縮不全と拡張不全があるが、いずれも心機能の低下を伴う。心機能が低下している場合には、特に体動時、労作時のPaO2の低下を伴う。
  1. 腎不全では、水代謝機能が低下しており、尿毒症肺(Uremic lung)ないしはうっ血性心不全を伴うことがある。この場合には、PaO2の低下を伴う。
 
治療: >詳細情報  アルゴリズム
  1. 呼吸不全の基礎疾患ごとに病態と治療が異なるので、基礎疾患の把握が必要である。 >詳細情報 
  1. 呼吸不全に対する治療方法は、酸素療法と人工換気療法である。
  1. 動脈血酸素分圧が60Torr以下の場合には酸素吸入療法を考慮し、酸素分圧を60Torr以上(酸素飽和度で90%以上)に保つように酸素流量を設定する。ただし、CO2ナルコーシスに陥る危険を考慮し、不要な高流量酸素投与は避ける。
  1. 二酸化炭素分圧は、それぞれの患者の基礎値が異なるため、とりあえずの目標を設定する必要はない。ただし、動脈血二酸化炭素分圧が50Torrを超している場合には、人工換気療…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時に必ず行う検査例
  1. 血液ガス分析、胸部X線検査、心電図による評価は、呼吸不全の診断、治療方針の決定に必須である。
○ 動脈血液ガス分析はI型とII型の鑑別の意味で必須である。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

呼吸不全の治療アルゴリズム
呼吸不全の分類
著者校正/監修レビュー済
2018/06/21

編集部編集コンテンツ:
 
関連する医療事故:
  1. 気切チューブが気管から外れて皮下へ挿入される可能性を想定する:
  1. 事例:気管切開術後、換気不全と気切チューブからの痰吸引不良のためチューブが痰で閉塞した可能性を考え、気切チューブを交換した。交換後に皮下気腫が出現し、SpO2の低下を認めた。胸部X線で左気胸が認められ、循環不全のため死亡に至った。(詳細情報ページ:医療事故情報 詳細表示


詳細ナビ