突発性難聴、低音障害型感音難聴、外リンパ瘻 :トップ    
監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院
小川郁 慶應義塾大学病院 耳鼻咽喉科

概要

感音難聴: >詳細情報 
  1. 感音難聴は聴覚のセンサーとして機能する内耳(蝸牛)の有毛細胞から大脳聴覚野に至る聴覚伝導路の障害によって生じるが、日常臨床で遭遇するものとしては蝸牛または蝸牛神経の障害による感音難聴が多い。
  1. これら感音難聴の多くではいまだ有効な治療法は確立されていないが、発症早期の突発性難聴をはじめとする急性感音難聴は完治し得る感音難聴であり、耳鼻咽喉科の日常臨床の最前線ではその鑑別診断は極めて重要である。
 
急性感音難聴の鑑別疾患: >詳細情報 
  1. 急性感音難聴とはある日突然、または2〜3日の間に生じる感音難聴の総称であり、その代表的疾患としては突発性難聴、急性低音障害型感音難聴、外リンパ瘻や急性音響性難聴、メニエール病などがある。
  1. 有効な治療法が確立されていない感音難聴のなかで、急性感音難聴は完治し得る数少ない感音難聴であり、耳鼻咽喉科臨床において決して見逃してはならない疾患である。
  1. これらの疾患では特に早期診断、治療が重要であるが、内耳病態の確定的な診断法がない現状では、急性感音難聴の鑑別診断は必ずしも容易ではなく、これらの疾患を常に念頭におき、各々の臨床像を十分に理解したうえで、その鑑別診断に臨む必要がある。
 
突発性難聴: >詳細情報 
  1. 突発性難聴は突然の難聴、高度な感音難聴、原因が不明または不確実であるのが特徴である。したがって、原因の明らかな疾患を除外して診断される症候群ととらえるべきであるが、これまでの臨床的・基礎的研究から循環障害とウイルス感染が最も有力な病因として支持されている。循環障害としては血栓、塞栓、出血、血管攣縮、スラッジなどが挙げられているが、突発性難聴の多くは循環障害を生じるような背景因子のない健康者であり、血栓、塞栓、出血などを一次的な病因とするのには問題がある。また、突発性難聴が働き盛りの中年層に多くみら…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

評価・治療例
  1. 問診:発症時の状況によって鑑別診断が可能になることも多い。
  1. 初診時検査:純音聴力検査による難聴の程度と聴力型を確認する。
  1. 下記問診、検査を行うことが望ましい。
○ 病態に応じ適宜選択する。

追加情報ページへのリンク

  • 突発性難聴、低音障害型感音難聴、外リンパ瘻に関する詳細情報
  • 突発性難聴、低音障害型感音難聴、外リンパ瘻に関する評価・治療例(詳細) (1件)
  • 突発性難聴、低音障害型感音難聴、外リンパ瘻に関する画像 (9件)
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

診断と治療
急性低音障害型感音難聴確実例
急性低音障害型感音難聴準確実例
聴神経腫瘍
聴神経腫瘍 DPOAE
聴神経腫瘍MRI
低音障害型突発性難聴
高音障害型突発性難聴
水平型突発性難聴
著者校正/監修レビュー済
2018/04/18