脊髄血管病変(脊髄動静脈奇形、硬膜外・硬膜下血腫、など) :トップ    
監修: 甲村英二 神戸大学大学院医学研究科外科系講座脳神経外科学分野
中村 元 大阪大学医学部 脳神経外科

概要

ポイント:
  1. 脊髄血管病変を論じる場合、その分類法には、①神経症状(運動障害、知覚障害など)による分類、②発症様式(出血、梗塞、浮腫など)による分類、③疾患名による分類――などがある。しかし、異なる疾患であっても似たような症状で発症することや、同一疾患であっても部位・病態・重症度によって発症様式や症状が異なることもある。
  1. 脊髄血管病変に対しては、まず症状から疑われる病変部(高位)を中心にCTやMRIを代表とした画像検査を行い、発症様式(出血、梗塞、浮腫など)から疑われる疾患を考慮してさらに細かい検査(血管造影検査など)を進め、最後に各々の疾患に対して適切な治療を行う、というプロセスが必要になる。
  1. 脊髄血管病変は、①通常血管が破綻もしくは閉塞して発症するもの、②何らかの異常血管(血管奇形、腫瘍性病変など)に起因するもの、③外傷により引き起こされるもの――などがある。本項では、内因性疾患である前2者について解説する。
  1. 本項で扱う疾患を以下に列挙する。
  1. 1:通常血管の破綻もしくは閉塞
  1. 脊髄硬膜外血腫
  1. 脊髄硬膜下血腫
  1. 脊髄くも膜下出血
  1. 脊髄髄内出血
  1. 脊髄梗塞( 脊髄梗塞 の項目参照)
  1. 2:何らかの疾患(血管異常、腫瘍性病変など)に起因するもの
  1. 脊髄硬膜動静脈瘻(Dural arteriovenous fistula: Dural AVF)
  1. 脊髄辺縁部動静脈瘻(Perimedullary arteriovenous fistula: Perimedullary AVF)
  1. 脊髄髄内血管奇形(Intramedullary Arteriovenous malformation: Intramedullary AVM)
  1. 海綿状血管腫(cavernous angioma)
など
 
診断: >詳細情報 
  1. 問診・診察:
  1. 筋力低下部位、知覚障害部位、膀胱直腸障害の有無などから脊髄障害高位の診断を行う。
  1. 急性発症か、緩徐進行性か、も確認する。
  1. 合併疾患(易出血性、塞栓症素因、大動脈疾患など)について確認する。
  1. 画像診断:
  1. CT
  1. 出血の有無を確認できる。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断のための評価例
  1. 神経所見から脊髄病変が疑われた場合、以下の検査を行う。
  1. CT、MRI
  1. 出血性病変の場合、異常血管の有無を評価するために以下の検査を行う。
  1. 造影CT、造影MRI/MRA
  1. 異常血管を認めた場合、以下の検査を行う。
  1. 脊髄血管造影(病変レベルのみならずその上下のレベルも評価する)

追加情報ページへのリンク

  • 脊髄血管病変(脊髄動静脈奇形、硬膜外・硬膜下血腫、など)に関する詳細情報
  • 脊髄血管病変(脊髄動静脈奇形、硬膜外・硬膜下血腫、など)に関する評価・治療例(詳細) (1件)
  • 脊髄血管病変(脊髄動静脈奇形、硬膜外・硬膜下血腫、など)に関するエビデンス・解説 (8件)
  • 脊髄血管病変(脊髄動静脈奇形、硬膜外・硬膜下血腫、など)に関する画像 (18件)
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

著者校正/監修レビュー済
2017/11/30


  • 整形 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ