• 循環器 の他のコンテンツを見る

wide QRS頻拍

著者: 夛田 浩 福井大学医学部 病態制御医学講座 循環器内科学

監修: 今井靖 自治医科大学 薬理学講座臨床薬理学部門・内科学講座循環器内科学部門

著者校正/監修レビュー済:2020/07/09

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル

概要・推奨  

  1. 心電図上wide QRS頻拍の原因を、体表12誘導心電図から正確に診断することはしばしば困難である(推奨度2)。
  1. 血行動態の安定した規則的な単形性のwide QRS頻拍に対するATPの急速静注は、wide QRS頻拍の原因疾患の鑑別に有用である(推奨度2)。
  1. 血行動態が維持されたwide QRS頻拍は、さまざまな抗不整脈薬を用いて洞調律化を試みることが可能である。しかしながら、抗不整脈薬の使用はQT時間の延長や左室収縮能を抑制することにより血行動態が悪化する危険性があるために、抗不整脈薬の使用経験に乏しい場合や抗不整脈薬の単回投与で頻拍の停止が得られない場合には、鎮静後に同期下カルディオバージョンにより頻拍を停止させることが安全である(推奨度2)。
  1. 基礎心疾患に合併する心室頻拍の再発予防に対しては、アミオダロンの内服が有効である。アミオダロンは、血行動態への影響が小さいために左室収縮能の低下が認められる症例においても使用できるが、間質性肺炎や甲状腺機能異常などの心外性副作用の出現に注意を払う必要がある(推奨度1)。
  1. 心筋梗塞後やうっ血性心不全に合併した心室頻拍の再発予防には、β遮断薬が有効である(推奨度1)。
  1. 基礎心疾患に合併する心室頻拍は、突然死の原因となる。基礎心疾患を有する患者で心室頻拍が認められた場合には、突然死の予防(2次予防)を目的とした植込み型除細動器が必要となる(推奨度1)。
  1. 右室流出路は、特発性心室頻拍の好発部位である。運動やイソプロテレノール負荷で頻拍は誘発されやすく、β遮断薬やカルシウム拮抗薬で頻拍は抑制される。また、右室流出路を起源とする特発性心室頻拍は、カテーテル治療でも高い治療成績が報告されている(推奨度2)。
  1. 基礎心疾患を伴わない右脚ブロック、左軸偏位型の特発性心室頻拍は、頻拍回路に異常プルキンエ細胞を含んでいるため、カルシウム拮抗薬の投与により頻拍の停止が得られる。また、カテーテル治療により良好な成績が得られる(推奨度2)。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

改訂のポイント:
  1. 2020年改訂版 不整脈薬物治療ガイドラインに基づき、薬物選択のフローチャートの修正を行った。 

ページ上部に戻る


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!