wide QRS頻拍 :トップ    
監修: 今井靖 自治医科大学 薬理学講座臨床薬理学部門・内科学講座循環器内科学部門
夛田 浩 福井大学医学部 病態制御医学講座 循環器内科学

概要

疾患のポイント:
  1. wide QRS頻拍の原因は、心室頻拍(ventricular tachycardia、VT)であることが多いが、変行伝導を伴う上室頻拍(supraventricular tachycardia、SVT)や右脚ブロックの症例に発作性上室頻拍を合併した場合にもwide QRS頻拍を呈する。
 
wide QRSの診断: >詳細情報 
  1. QRS>120ms以上の頻拍を認める場合に、wide QRS頻拍と診断する。
 
wide QRSの原因疾患の評価:
  1. 心電図の評価:
  1. wide QRS頻拍中にQRS波と解離した心房波が認められる場合は、心室頻拍である。<図表> エビデンス 
  1. 高齢や基礎心疾患を有する例、血行動態が不安定な症例で認められるwide QRS頻拍の多くは、心室頻拍である。
  1. 脚ブロックやデルタ波が以前に確認されている患者や以前に記録された安静時12誘導心電図のQRS波形と頻拍中のQRS波形が同一である場合は、本症の原因が上室性である可能性を想起する。
  1. 左脚ブロック+下方軸を示す場合は流出路起源の特発性心室性頻拍が原因である可能性を、右脚ブロック+左軸偏位を示す場合はベラパミル感受性心室頻拍が原因である可能性を考える。
  1. 心電図以外の評価:
  1. 基礎心疾患が明らかではなく、上室頻拍と心室頻拍の鑑別が困難で規則的な単形性wide QRS頻拍の場合、ATPの急速静脈内投与が診断的治療として有効である。( エビデンス )
  1. 二次性不整脈の原因となり得る基礎疾患の評価のため、心臓超音波検査や血液検査により電解質異常、ホルモン異常などの検査を行う。
  1. wide QRS頻拍が認められた場合には、頻拍の原因となっている不整脈を明らかとするために電気生理検査を行うことが推奨される。
 
重症度・予後: >詳細情報 
  1. 上室頻拍もしくは特発性心室頻拍がwide QRS頻拍の原因疾患である場合は、カテーテル治療により頻拍の治療が可能であることが多く、一般的に予後は良好である。 …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

wide QRS頻拍時の初期対応例
  1. wide QRS頻拍が確認された際には、速やかな血行動態の確認および心電図モニターを開始し、薬剤投与が可能となるように静脈ラインを確保して、除細動器を用意する。血行動態が安定している場合には、安静12誘導心電図を記録する。
  1. 医療スタッフを集める。
  1. 速やかに安静臥位とし、血圧・脈拍・酸素飽和度の確認および心電図モニターを装着し、持続的な記録を行う。
  1. wide QRS頻拍中に、血行動態が破綻する危険性もあるために、薬剤投与が可能となるように、静脈ラインを確保する。
  1. 冷汗を伴い呼びかけに対する反応が低下している場合には、除細動器を速やかに準備する。規則的な単形性のwide QRS頻拍の場合は、鎮静後に同期下カルディオバージョンを行う。wide QRS頻拍の波形が崩れるような多形性頻拍や不規則な頻拍を認める場合には、非同期下の電気的除細動を速やかに行う。
  1. 血行動態が安定している場合には、モニター心電図だけでなく、必ず体表12誘導心電図の記録を行うように心がける。体表12誘導心電図は、QRS頻拍の鑑別およびその後の治療方法を検討するうえで重要である。
  1. 抗不整脈薬により洞調律化が得られる場合もあるが、血圧低下やQT時間の延長などを来す危険性があるために、抗不整脈薬の使用経験に乏しい場合は、抗不整脈薬の使用にこだわらず、同期下カルディオバージョンを行う。
  1. 緊急時は同期下カルディオバージョン、非同期下の電気的除細動を施行する。 <オーダーセット> 
○ wide QRS頻拍が認められた場合、医療スタッフを集め、全員でバイタルを確認し、緊急カートの準備、1)の記録を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

QRS波形からのwide QRS頻拍の鑑別法
基礎心疾患が認められない心室頻拍に対する薬剤選択
基礎心疾患に伴う心室頻拍に対する薬剤選択
wide QRS頻拍診断時の対応
心房細動に対してナトリウムチャネル遮断薬を投与中に認められたwide QRS頻拍
陳旧性心筋梗塞患者に認められたwide QRS頻拍
著者校正/監修レビュー済
2018/07/04


詳細ナビ