ヘリコバクター・ピロリ感染症 :トップ    
監修: 上村直実 国立国際医療研究センター 国府台病院
塩田星児1) 村上和成2) 1)大分市医師会立アルメイダ病院 総合診... 2)大分大学医学部附属病院 消化器内科

概要

疾患のポイント:
  1. 「ヘリコバクター・ピロリ感染症」はピロリ菌感染が関与する疾患群の総称であり、最も基本的な疾患は「ピロリ感染胃炎」である。
  1. 2013年2月には「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」に対する除菌治療が保険適用として追加され、その診断には内視鏡検査が必須とされている。
  1. 胃内視鏡検査にて慢性胃炎を認める場合、ピロリ菌感染を強く疑う。特に胃体部萎縮性胃炎、前庭部腸上皮化生(化生性胃炎)、雛壁肥大型胃炎、鳥肌胃炎は胃癌のリスク群として重要である。
  1. 京都分類を用い、内視鏡所見からピロリ菌感染を疑うことができる。
  1. 胃炎の京都分類:<図表>
  1. 胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫などの上部消化管疾患のみでなく、免疫性(特発性)血小板減少性紫斑病(ITP)や鉄欠乏性貧血を診た際には「ヘリコバクター・ピロリ感染症」を考慮する。
  1. H. pylori除菌療法適応疾患: >詳細情報 
 
診断:  >詳細情報 
  1. 感染診断には内視鏡を用いる方法と用いない方法がある。除菌治療を行う場合は、感染診断の前に内視鏡検査(おおむね6カ月以内)が必須である。
  1. 診断・治療は、アルゴリズムに沿って行う。
  1. ヘリコバクター・ピロリ感染症の診療アルゴリズム:アルゴリズム
  1. ピロリ菌の感染診断は下記のなかから、機序の異なる検査より、複数の検査法を選択し、行う。1回目の検査が陰性の症例では、機序の異なる検査を追加し、複数の検査法を用いることによりその感度は向上する。
  1. 内視鏡を必要とする検査:
  1. 迅速ウレアーゼ試験(機序:ウレアーゼ産生)
  1. 鏡検法(機序:細菌の同定)
  1. 培養法(機序:細菌の同定)
  1. 内視鏡を必要としない検査:

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

ピロリ菌感染症の検査例
  1. 診断・治療は、アルゴリズムに沿って行う。
  1. ヘリコバクター・ピロリ感染症の診療アルゴリズム:アルゴリズム
  1. 内視鏡検査でヘリコバクター・ピロリ感染症を疑う患者には、下記の検査から、1つ検査を選択し施行する。
  1. もし、検査が陰性の場合には、測定機序の異なる検査を追加する。
  1. ピロリ菌感染症の検査法:<図表>
  1. 2010年の保険点数改定により、しばりがあるが、2種類の検査法を同時に行うことができるようになっている。
○ 下記の検査法が推奨されるが、単独の検査法では偽陰性の可能性がある。ピロリ菌感染症を除外する前に、2つ以上の測定機序の異なる判定法で評価することが望ましい。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

ヘリコバクター・ピロリ感染症の診療アルゴリズム
ピロリ菌感染症の検査法
胃炎の京都分類
著者校正/監修レビュー済
2017/05/31


詳細ナビ