人工呼吸器の設定 :トップ    
監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院
加藤之紀 JA広島総合病院 救急・集中治療科

概要

まとめ:
  1. 気管内挿管・人工呼吸器管理の適応は、①誤嚥や窒息を防ぐための気道確保、②酸素化、換気の障害、③呼吸仕事量と呼吸筋力の不均衡、――である。
  1. 呼吸仕事量と呼吸筋力のバランス:<図表>
  1. 一般的に動脈酸素分圧(PaO₂)は平均気道内圧と吸入酸素濃度(FiO2)に比例し、動脈二酸化炭素分圧(PaCO₂)は分時換気量に反比例する。
  1. 換気の方式には大きく分けると、①換気量を決定して決められた量を換気する従量式換気(Volume-Control Ventilation :VCV)、②呼吸器からかける圧を決定してその圧力の分肺を換気する従圧式換気(Pressure-Control Ventilation:PCV)、――の2種類がある。VCVでは換気量は設定できるが吸気圧は設定できず、PCVでは吸気圧は設定できるが換気量は設定できない。いずれの換気方式にしても、設定した換気を行った結果のパラメータ(VCVであれば吸気圧、PCVであれば換気量)に注意する。
  1. 人工呼吸器の基本的なモードには、①呼吸努力がないときにも換気を行い、呼吸努力があったときには設定された換気を毎回行うA/C(Assist/Control Ventilation)、②自発呼吸があればそれに合わせて患者の吸気の間サポート圧をかけるCPAP+PS、③設定された回数までは設定された換気を行うが、それ以上に自発呼吸があればその分はCPAP+PSと同様の換気を行うSIMV(Synchronized intermittent mandatory ventilation)、――の3つがある。
  1. 各呼吸モードの違い:<図表>

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

呼吸器設定のアルゴリズム
呼吸仕事量と呼吸筋力のバランス
ストローと風船をモデルにした人工呼吸の換気
VCVの基本波形と設定項目
PCVの基本波形と設定項目
各呼吸モードの違い
VCVにおける気道抵抗の診断
PCVにおける肺胞内圧とプラトー圧
肺コンプライアンスの低下と圧-容量曲線の変化
著者校正/監修レビュー済
2017/05/31


    詳細ナビ