COVID-19(新型コロナウイルス感染症)

著者: 石川和宏 聖路加国際病院 感染症科

著者: 松尾貴公 聖路加国際病院 感染症科

著者: 森信好 聖路加国際病院 感染症科

監修: 上原由紀 聖路加国際病院 臨床検査科/感染症科

著者校正/監修レビュー済:2020/05/11
参考ガイドライン:
  1. 国立感染症研究所:新型コロナウイルス感染症に対する感染管理(2020年4月27日改訂版)
  1. 国立感染症研究所:新型コロナウイルス感染症、自宅療養時の健康・感染管理(2020年4月2日)
  1. 厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
  1. WHO:Coronavirus
  1. CDC:Coronavirus (COVID-19)
  1. IDSA:Infectious Diseases Society of America Guidelines on the Treatment and Management of Patients with COVID-19

概要・推奨  

  1. COVID-19はコロナウイルスの一種であるSARS-CoV-2による感染症で、2019年12月頃に中国湖北省武漢市で発生したが、現在は世界中に広がっている。
  1. 診断は主に鼻腔ぬぐい液のPCRで行われる。COVID-19患者との濃厚接触、長期間続く上気道症状、嗅覚障害などがある場合は検査を考慮する。また、胸部CT検査では特徴的なパターンをとることも多く診断の手助けとなる。
  1. 確立された治療はなく、支持療法が中心だが、現在、さまざまな臨床研究が行われており効果が期待される。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)


ページ上部に戻る


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。