第1部 医学管理等
  1. B000 特定疾患療養管理料
  1. B001 特定疾患治療管理料
  1. B001-2 小児科外来診療料(1日につき)
  1. B001-2-2 地域連携小児夜間・休日診療料
  1. B001-2-3 乳幼児育児栄養指導料
  1. B001-2-4 地域連携夜間・休日診療料
  1. B001-2-5 院内トリアージ実施料
  1. B001-2-6 夜間休日救急搬送医学管理料
  1. B001-2-7 外来リハビリテーション診療料
  1. B001-2-8 外来放射線照射診療料
  1. B001-2-9 地域包括診療料(月1回)
  1. B001-2-10 認知症地域包括診療料(月1回)
  1. B001-2-11 小児かかりつけ診療料(1日につき)
  1. B001-3 生活習慣病管理料
  1. B001-3-2 ニコチン依存症管理料
  1. B001-4 手術前医学管理料
  1. B001-5 手術後医学管理料(1日につき)
  1. B001-6 肺血栓塞栓症予防管理料
  1. B001-7 リンパ浮腫指導管理料
  1. B001-8 臍ヘルニア圧迫指導管理料
  1. B001-9 療養・就労両立支援指導料
  1. B002 開放型病院共同指導料(Ⅰ)
  1. B003 開放型病院共同指導料(Ⅱ)
  1. B004 退院時共同指導料1
  1. B005 退院時共同指導料2
  1. B005-1-2 介護支援等連携指導料
  1. B005-1-3 介護保険リハビリテーション移行支援料
  1. B005-4 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)
  1. B005-5 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅱ)
  1. B005-6 がん治療連携計画策定料
  1. B005-6-2 がん治療連携指導料
  1. B005-6-3 がん治療連携管理料
  1. B005-6-4 外来がん患者在宅連携指導料
  1. B005-7 認知症専門診断管理料
  1. B005-7-2 認知症療養指導料
  1. B005-7-3 認知症サポート指導料
  1. B005-8 肝炎インターフェロン治療計画料
  1. B005-9 外来排尿自立指導料
  1. B005-10 ハイリスク妊産婦連携指導料1
  1. B005-10-2 ハイリスク妊産婦連携指導料2
  1. B005-11 遠隔連携診療料
  1. B006 救急救命管理料
  1. B006-2 削除
  1. B006-3 退院時リハビリテーション指導料
  1. B007 退院前訪問指導料
  1. B007-2 退院後訪問指導料
  1. B008 薬剤管理指導料
  1. B008-2 薬剤総合評価調整管理料
  1. B009 診療情報提供料(Ⅰ)
  1. B009-2 電子的診療情報評価料
  1. B010 診療情報提供料(Ⅱ)
  1. B010-2 診療情報連携共有料
  1. B011 診療情報提供料(Ⅲ)
  1. B011-2 削除
  1. B011-3 薬剤情報提供料
  1. B011-4 医療機器安全管理料
  1. B012 傷病手当金意見書交付料
  1. B013 療養費同意書交付料
  1. B014 退院時薬剤情報管理指導料
  1. B015 精神科退院時共同指導料
  1. B016 精神科退院時共同指導料
令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第1部 医学管理等 > B001-4 手術前医学管理料

B001-4 手術前医学管理料

  1. B001-4 手術前医学管理料
    1,192点

1 手術前に行われる検査の結果に基づき計画的な医学管理を行う保険医療機関に おいて、手術の実施に際して区分番号L002に掲げる硬膜外麻酔、区分番号L 004に掲げる脊椎麻酔又は区分番号L008に掲げるマスク又は気管内挿管に よる閉鎖循環式全身麻酔を行った場合に、当該手術に係る手術料を算定した日に 算定する。

2 同一の患者につき1月以内に手術前医学管理料を算定すべき医学管理を2回以 上行った場合は、第1回目の手術前医学管理に係る手術料を算定した日1回に限 り、手術前医学管理料を算定する。

3 手術前医学管理料を算定した同一月に区分番号D208に掲げる心電図検査を 算定した場合には、算定の期日にかかわらず、所定点数の100分の90に相当する 点数を算定する。

4 同一の部位につき当該管理料に含まれる区分番号E001に掲げる写真診断及 び区分番号E002に掲げる撮影と同時に2枚以上のフィルムを使用して同一の 方法により撮影を行った場合における第2枚目から第5枚目までの写真診断及び 撮影の費用は、それぞれの所定点数の100分の50に相当する点数で別に算定でき る。この場合において、第6枚目以後の写真診断及び撮影の費用については算定 できない。

5 第3部検査及び第4部画像診断のうち次に掲げるもの(手術を行う前1週間以 内に行ったものに限る。)は、所定点数に含まれるものとする。ただし、当該期 間において同一の検査又は画像診断を2回以上行った場合の第2回目以降のものについては、別に算定することができる。

イ 尿中一般物質定性半定量検査

ロ 血液形態・機能検査 末 梢 血液像(自動機械法)、末 梢 血液像(鏡検法)及び末 梢 血液一般検査

ハ 出血・凝固検査 出血時間、プロトロンビン時間(PT)及び活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)

ニ 血液化学検査総ビリルビン、直接ビリルビン又は抱合型ビリルビン、総蛋白、アルブミン(BCP改良法・BCG法)、尿素窒素、クレアチニン、尿酸、アルカリホス ファターゼ(ALP)、コリンエステラーゼ(ChE)、γ-グルタミルトラ ンスフェラーゼ(γ-GT)、中性脂肪、ナトリウム及びクロール、カリウム、カルシウム、マグネシウム、クレアチン、グルコース、乳酸デヒドロゲナー ゼ(LD)、アミラーゼ、ロイシンアミノペプチダーゼ(LAP)、クレアチ ンキナーゼ(CK)、アルドラーゼ、遊離コレステロール、鉄(Fe)、血中 ケトン体・糖・クロール検査(試験紙法・アンプル法・固定化酵素電極による もの)、不飽和鉄結合能(UIBC)(比色法)、総鉄結合能(TIBC)( 比色法)、リン脂質、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール、無 機リン及びリン酸、総コレステロール、アスパラギン酸アミノトランスフェラ ーゼ(AST)、アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)並びにイオン 化カルシウム

ホ 感染症免疫学的検査 梅毒血清反応(STS)定性、抗ストレプトリジンO(ASO)定性、抗ストレプトリジンO(ASO)半定量、抗ストレプトリジンO(ASO)定量、 抗ストレプトキナーゼ(ASK)定性、抗ストレプトキナーゼ(ASK)半定 量、梅毒トレポネーマ抗体定性、HIV-1抗体、肺炎球菌抗原定性(尿・髄 液)、ヘモフィルス・インフルエンザb型(Hib)抗原定性(尿・髄液)、単純ヘルペスウイルス抗原定性、RSウイルス抗原定性及び淋菌抗原定性

ヘ 肝炎ウイルス関連検査 HBs抗原定性・半定量及びHCV抗体定性・定量

ト 血 漿 蛋白免疫学的検査C反応性蛋白(CRP)定性及びC反応性蛋白(CRP)

チ 心電図検査 区分番号D208の1に掲げるもの

リ 写真診断区分番号E001の1のイに掲げるもの

ヌ 撮影区分番号E002の1に掲げるもの

6 区分番号D026に掲げる血液学的検査判断料、生化学的検査(Ⅰ)判断料又は 免疫学的検査判断料を算定している患者については算定しない。

7 第1章第2部第3節に掲げる特定入院料又は区分番号D027に掲げる基本的 検体検査判断料を算定している患者については算定しない。

通知

(1) 手術前医学管理料は硬膜外麻酔、脊椎麻酔又は全身麻酔下で行われる手術の前に行われ る定型的な検査・画像診断について、請求の簡素化等の観点から包括して評価したもので あり、区分番号「L002」硬膜外麻酔、区分番号「L004」脊椎麻酔若しくは区分番 号「L008」マスク又は気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔下に手術が行われた場合 に、月1回に限り、疾病名を問わず全て本管理料を算定する。

(2) 手術前1週間に本管理料に包括されている検査及び画像診断項目(以下この項において

「検査項目等」という。)のいずれも行わなかった場合は、本管理料は算定しない。なお、

「手術を行う前1週間以内に行ったもの」とは、手術を行う日の前日を起算日として1週 間前の日から当該手術を実施した当日の手術実施前までに行ったものをいう。

(3) 手術前医学管理料には、包括されている検査項目等に係る判断料が含まれており、手術 前医学管理料を算定した月に区分番号「D026」血液学的検査判断料、生化学的検査 (Ⅰ)判断料及び免疫学的検査判断料は別に算定できない。

(4) 手術前医学管理料を算定する際使用したフィルムの費用は、区分番号「E400」フィ ルムの所定点数により算定する。

(5) 本管理料を算定する手術前1週間において、入院と入院外が混在する場合においても、 本管理料に包括されている検査項目等の1回目の所定点数については別に算定できない。

(6) 本管理料を月初めに算定し、手術前1週間が月をまたがる場合においても、本管理料の 所定点数に包括されている検査項目等の1回目の所定点数については別に算定できない。

(7) 同一の患者について、月をまたがって1週間以内に硬膜外麻酔、脊椎麻酔又は全身麻酔 下の手術を2回以上行った場合には、最初に行った手術の際に手術前医学管理料を算定し、 2回目の手術の際には手術前医学管理料を算定せず、それぞれの検査項目等の所定点数に より算定する。

(例) 当該月の 29 日に硬膜外麻酔、脊椎麻酔、全身麻酔下の手術を行い、翌月の3日 に再び硬膜外麻酔、脊椎麻酔、全身麻酔下の手術を行った場合の算定。

当該月の 29 日に手術前医学管理料を算定し、翌月の手術の3日の際には手術前 医学管理料を算定せず、それぞれの検査項目等の所定点数で算定する。

(8) 本管理料に包括されている肝炎ウイルス関連検査を行った場合には、当該検査の結果が 陰性であった場合も含め、当該検査の結果について患者に適切な説明を行い、文書により 提供すること。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!