第1部 医学管理等
  1. B000 特定疾患療養管理料
  1. B001 特定疾患治療管理料
  1. B001-2 小児科外来診療料(1日につき)
  1. B001-2-2 地域連携小児夜間・休日診療料
  1. B001-2-3 乳幼児育児栄養指導料
  1. B001-2-4 地域連携夜間・休日診療料
  1. B001-2-5 院内トリアージ実施料
  1. B001-2-6 夜間休日救急搬送医学管理料
  1. B001-2-7 外来リハビリテーション診療料
  1. B001-2-8 外来放射線照射診療料
  1. B001-2-9 地域包括診療料(月1回)
  1. B001-2-10 認知症地域包括診療料(月1回)
  1. B001-2-11 小児かかりつけ診療料(1日につき)
  1. B001-3 生活習慣病管理料
  1. B001-3-2 ニコチン依存症管理料
  1. B001-4 手術前医学管理料
  1. B001-5 手術後医学管理料(1日につき)
  1. B001-6 肺血栓塞栓症予防管理料
  1. B001-7 リンパ浮腫指導管理料
  1. B001-8 臍ヘルニア圧迫指導管理料
  1. B001-9 療養・就労両立支援指導料
  1. B002 開放型病院共同指導料(Ⅰ)
  1. B003 開放型病院共同指導料(Ⅱ)
  1. B004 退院時共同指導料1
  1. B005 退院時共同指導料2
  1. B005-1-2 介護支援等連携指導料
  1. B005-1-3 介護保険リハビリテーション移行支援料
  1. B005-4 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)
  1. B005-5 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅱ)
  1. B005-6 がん治療連携計画策定料
  1. B005-6-2 がん治療連携指導料
  1. B005-6-3 がん治療連携管理料
  1. B005-6-4 外来がん患者在宅連携指導料
  1. B005-7 認知症専門診断管理料
  1. B005-7-2 認知症療養指導料
  1. B005-7-3 認知症サポート指導料
  1. B005-8 肝炎インターフェロン治療計画料
  1. B005-9 外来排尿自立指導料
  1. B005-10 ハイリスク妊産婦連携指導料1
  1. B005-10-2 ハイリスク妊産婦連携指導料2
  1. B005-11 遠隔連携診療料
  1. B006 救急救命管理料
  1. B006-2 削除
  1. B006-3 退院時リハビリテーション指導料
  1. B007 退院前訪問指導料
  1. B007-2 退院後訪問指導料
  1. B008 薬剤管理指導料
  1. B008-2 薬剤総合評価調整管理料
  1. B009 診療情報提供料(Ⅰ)
  1. B009-2 電子的診療情報評価料
  1. B010 診療情報提供料(Ⅱ)
  1. B010-2 診療情報連携共有料
  1. B011 診療情報提供料(Ⅲ)
  1. B011-2 削除
  1. B011-3 薬剤情報提供料
  1. B011-4 医療機器安全管理料
  1. B012 傷病手当金意見書交付料
  1. B013 療養費同意書交付料
  1. B014 退院時薬剤情報管理指導料
  1. B015 精神科退院時共同指導料
  1. B016 精神科退院時共同指導料
令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第1部 医学管理等 > B001-5 手術後医学管理料(1日につき)

B001-5 手術後医学管理料(1日につき)

  1.   1 病院の場合
    1,188点
  2.   2 診療所の場合
    1,056点

1 病院(療養病棟、結核病棟及び精神病棟を除く。)又は診療所(療養病床に係 るものを除く。)に入院している患者について、入院の日から起算して10日以内 に行われた区分番号L008に掲げるマスク又は気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔を伴う手術後に必要な医学管理を行った場合に、当該手術に係る手術料を 算定した日の翌日から起算して3日に限り算定する。

2 同一の手術について、同一月に区分番号B001-4に掲げる手術前医学管理 料を算定する場合は、本管理料を算定する3日間については、所定点数の100分 の95に相当する点数を算定する。

3 第3部検査のうち次に掲げるもの(当該手術に係る手術料を算定した日の翌日 から起算して3日以内に行ったものに限る。)は、所定点数に含まれるものとす る。

イ 尿中一般物質定性半定量検査

ロ 尿中特殊物質定性定量検査尿蛋白及び尿グルコース

ハ 血液形態・機能検査赤血球沈降速度(ESR)、末 梢 血液像(自動機械法)、末 梢 血液像(鏡検法)及び末 梢 血液一般検査

ニ 血液化学検査総ビリルビン、直接ビリルビン又は抱合型ビリルビン、総蛋白、アルブミン(BCP改良法・BCG法)、尿素窒素、クレアチニン、尿酸、アルカリホス ファターゼ(ALP)、コリンエステラーゼ(ChE)、γ-グルタミルトラ ンスフェラーゼ(γ-GT)、中性脂肪、ナトリウム及びクロール、カリウム、カルシウム、マグネシウム、クレアチン、グルコース、乳酸デヒドロゲナー ゼ(LD)、アミラーゼ、ロイシンアミノペプチダーゼ(LAP)、クレアチ ンキナーゼ(CK)、アルドラーゼ、遊離コレステロール、鉄(Fe)、血中 ケトン体・糖・クロール検査(試験紙法・アンプル法・固定化酵素電極による もの)、不飽和鉄結合能(UIBC)(比色法)、総鉄結合能(TIBC)( 比色法)、リン脂質、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール、無 機リン及びリン酸、総コレステロール、アスパラギン酸アミノトランスフェラ ーゼ(AST)、アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、イオン化カ ルシウム並びに血液ガス分析

ホ 心電図検査

ヘ 呼吸心拍監視

ト 経皮的動脈血酸素飽和度測定

チ 終末呼気炭酸ガス濃度測定

リ 中心静脈圧測定

ヌ 動脈血採取

4 区分番号D026に掲げる尿・糞便等検査判断料、血液学的検査判断料又は生化学的検査(Ⅰ)判断料を算定している患者については算定しない。

5 第1章第2部第3節に掲げる特定入院料又は区分番号D027に掲げる基本的 検体検査判断料を算定している患者については算定しない。

6 区分番号A300の救命救急入院料又は区分番号A301の特定集中治療室管 理料に係る別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚 生局長等に届け出た保険医療機関に入院している患者については算定しない。

通知

(1) 手術後医学管理料は、区分番号「L008」マスク又は気管内挿管による閉鎖循環式全 身麻酔を伴う手術後に必要な医学的管理を評価するとともに、手術後に行われる定型的な 検査について、請求の簡素化等の観点から包括して評価したものであり、区分番号「A3 00」救命救急入院料又は区分番号「A301」特定集中治療室管理料に係る届出を行っ ていない保険医療機関の一般病棟に入院する患者について算定する。

(2) 手術後医学管理料には、包括されている検査項目に係る判断料が含まれており、手術後 医学管理料を算定した月に区分番号「D026」尿・糞便等検査判断料、血液学的検査判 断料及び生化学的検査(Ⅰ)判断料は別に算定できない。ただし、本管理料を算定する3日 間が月をまたがる場合は、本管理料を算定する最初の日が属する月に係るこれらの判断料 は別に算定できないが、その翌月にこれらの判断料の対象となる検査を実施した場合には、 別に算定できる。

(3) 同一保険医療機関において、同一月に本管理料を算定するものと算定しないものが混在 するような算定はできない。

(4) 手術後医学管理料の算定開始日となる入院の日とは、第1章第2部通則5に定める起算 日のことをいう。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。