第1部 医学管理等
  1. B000 特定疾患療養管理料
  1. B001 特定疾患治療管理料
  1. B001-2 小児科外来診療料(1日につき)
  1. B001-2-2 地域連携小児夜間・休日診療料
  1. B001-2-3 乳幼児育児栄養指導料
  1. B001-2-4 地域連携夜間・休日診療料
  1. B001-2-5 院内トリアージ実施料
  1. B001-2-6 夜間休日救急搬送医学管理料
  1. B001-2-7 外来リハビリテーション診療料
  1. B001-2-8 外来放射線照射診療料
  1. B001-2-9 地域包括診療料(月1回)
  1. B001-2-10 認知症地域包括診療料(月1回)
  1. B001-2-11 小児かかりつけ診療料(1日につき)
  1. B001-3 生活習慣病管理料
  1. B001-3-2 ニコチン依存症管理料
  1. B001-4 手術前医学管理料
  1. B001-5 手術後医学管理料(1日につき)
  1. B001-6 肺血栓塞栓症予防管理料
  1. B001-7 リンパ浮腫指導管理料
  1. B001-8 臍ヘルニア圧迫指導管理料
  1. B001-9 療養・就労両立支援指導料
  1. B002 開放型病院共同指導料(Ⅰ)
  1. B003 開放型病院共同指導料(Ⅱ)
  1. B004 退院時共同指導料1
  1. B005 退院時共同指導料2
  1. B005-1-2 介護支援等連携指導料
  1. B005-1-3 介護保険リハビリテーション移行支援料
  1. B005-4 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)
  1. B005-5 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅱ)
  1. B005-6 がん治療連携計画策定料
  1. B005-6-2 がん治療連携指導料
  1. B005-6-3 がん治療連携管理料
  1. B005-6-4 外来がん患者在宅連携指導料
  1. B005-7 認知症専門診断管理料
  1. B005-7-2 認知症療養指導料
  1. B005-7-3 認知症サポート指導料
  1. B005-8 肝炎インターフェロン治療計画料
  1. B005-9 外来排尿自立指導料
  1. B005-10 ハイリスク妊産婦連携指導料1
  1. B005-10-2 ハイリスク妊産婦連携指導料2
  1. B005-11 遠隔連携診療料
  1. B006 救急救命管理料
  1. B006-2 削除
  1. B006-3 退院時リハビリテーション指導料
  1. B007 退院前訪問指導料
  1. B007-2 退院後訪問指導料
  1. B008 薬剤管理指導料
  1. B008-2 薬剤総合評価調整管理料
  1. B009 診療情報提供料(Ⅰ)
  1. B009-2 電子的診療情報評価料
  1. B010 診療情報提供料(Ⅱ)
  1. B010-2 診療情報連携共有料
  1. B011 診療情報提供料(Ⅲ)
  1. B011-2 削除
  1. B011-3 薬剤情報提供料
  1. B011-4 医療機器安全管理料
  1. B012 傷病手当金意見書交付料
  1. B013 療養費同意書交付料
  1. B014 退院時薬剤情報管理指導料
  1. B015 精神科退院時共同指導料
  1. B016 精神科退院時共同指導料
令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第1部 医学管理等 > B001-6 肺血栓塞栓症予防管理料

B001-6 肺血栓塞栓症予防管理料

  1. B001-6 肺血栓塞栓症予防管理料
    305点

1 病院(療養病棟を除く。)又は診療所(療養病床に係るものを除く。)に入院 中の患者であって肺血栓塞栓症を発症する危険性が高いもの(結核病棟に入院中 の患者においては手術を伴うもの、精神病棟に入院中の患者においては治療上必 要があって身体拘束が行われているものに限る。)に対して、肺血栓塞栓症の予 防を目的として、必要な機器又は材料を用いて計画的な医学管理を行った場合に、当該入院中1回に限り算定する。

2 肺血栓塞栓症の予防を目的として行った処置に用いた機器及び材料の費用は、所定点数に含まれるものとする。

通知

(1) 肺血栓塞栓症予防管理料は、肺血栓塞栓症を発症する危険性が高い患者に対して、肺血

栓塞栓症の予防を目的として、必要な医学管理を行った場合を評価するものである。

(2) 肺血栓塞栓症予防管理料は、病院(療養病棟を除く。)又は診療所(療養病床に係るも のを除く。)に入院中の患者であって、肺血栓塞栓症を発症する危険性の高いもの(結核 病棟においては手術を伴う患者、精神病棟においては治療上の必要から身体拘束が行われ ている患者に限る。)に対して、肺血栓塞栓症の予防を目的として、弾性ストッキング

(患者の症状により弾性ストッキングが使用できないなどやむを得ない理由により使用す る弾性包帯を含む。)又は間歇的空気圧迫装置を用いて計画的な医学管理を行った場合に、 入院中1回に限り算定する。なお、当該管理料は、肺血栓塞栓症の予防を目的として弾性 ストッキング又は間歇的空気圧迫装置を用いた場合に算定できるものであり、薬剤のみで 予防管理を行った場合には算定できない。また、第1章第2部通則5に規定する入院期間 が通算される再入院の場合においても、各々の入院において入院中1回算定できるもので あること。

(3) 肺血栓塞栓症の予防を目的として使用される弾性ストッキング及び間歇的空気圧迫装置 を用いた処置に要する費用は所定点数に含まれており、別に区分番号「J119」消炎鎮 痛等処置の点数は算定できない。肺血栓塞栓症の予防を目的として弾性ストッキングが複 数回使用される場合であっても、当該費用は所定点数に含まれる。なお、肺血栓塞栓症の 予防を目的としない区分番号「J119」消炎鎮痛等処置は別に算定できるものであるこ と。また、同一の弾性ストッキングを複数の患者に使用しないこと。

(4) 肺血栓塞栓症の予防に係る計画的な医学管理を行うに当たっては、関係学会より標準的 な管理方法が示されているので、患者管理が適切になされるよう十分留意されたい。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。