第1部 医学管理等
  1. B000 特定疾患療養管理料
  1. B001 特定疾患治療管理料
  1. B001-2 小児科外来診療料(1日につき)
  1. B001-2-2 地域連携小児夜間・休日診療料
  1. B001-2-3 乳幼児育児栄養指導料
  1. B001-2-4 地域連携夜間・休日診療料
  1. B001-2-5 院内トリアージ実施料
  1. B001-2-6 夜間休日救急搬送医学管理料
  1. B001-2-7 外来リハビリテーション診療料
  1. B001-2-8 外来放射線照射診療料
  1. B001-2-9 地域包括診療料(月1回)
  1. B001-2-10 認知症地域包括診療料(月1回)
  1. B001-2-11 小児かかりつけ診療料(1日につき)
  1. B001-3 生活習慣病管理料
  1. B001-3-2 ニコチン依存症管理料
  1. B001-4 手術前医学管理料
  1. B001-5 手術後医学管理料(1日につき)
  1. B001-6 肺血栓塞栓症予防管理料
  1. B001-7 リンパ浮腫指導管理料
  1. B001-8 臍ヘルニア圧迫指導管理料
  1. B001-9 療養・就労両立支援指導料
  1. B002 開放型病院共同指導料(Ⅰ)
  1. B003 開放型病院共同指導料(Ⅱ)
  1. B004 退院時共同指導料1
  1. B005 退院時共同指導料2
  1. B005-1-2 介護支援等連携指導料
  1. B005-1-3 介護保険リハビリテーション移行支援料
  1. B005-4 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)
  1. B005-5 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅱ)
  1. B005-6 がん治療連携計画策定料
  1. B005-6-2 がん治療連携指導料
  1. B005-6-3 がん治療連携管理料
  1. B005-6-4 外来がん患者在宅連携指導料
  1. B005-7 認知症専門診断管理料
  1. B005-7-2 認知症療養指導料
  1. B005-7-3 認知症サポート指導料
  1. B005-8 肝炎インターフェロン治療計画料
  1. B005-9 外来排尿自立指導料
  1. B005-10 ハイリスク妊産婦連携指導料1
  1. B005-10-2 ハイリスク妊産婦連携指導料2
  1. B005-11 遠隔連携診療料
  1. B006 救急救命管理料
  1. B006-2 削除
  1. B006-3 退院時リハビリテーション指導料
  1. B007 退院前訪問指導料
  1. B007-2 退院後訪問指導料
  1. B008 薬剤管理指導料
  1. B008-2 薬剤総合評価調整管理料
  1. B009 診療情報提供料(Ⅰ)
  1. B009-2 電子的診療情報評価料
  1. B010 診療情報提供料(Ⅱ)
  1. B010-2 診療情報連携共有料
  1. B011 診療情報提供料(Ⅲ)
  1. B011-2 削除
  1. B011-3 薬剤情報提供料
  1. B011-4 医療機器安全管理料
  1. B012 傷病手当金意見書交付料
  1. B013 療養費同意書交付料
  1. B014 退院時薬剤情報管理指導料
  1. B015 精神科退院時共同指導料
  1. B016 精神科退院時共同指導料
令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第1部 医学管理等 > B005-7-2 認知症療養指導料

B005-7-2 認知症療養指導料

  1.   1 認知症療養指導料1
    350点
  2.   2 認知症療養指導料2
    300点
  3.   3 認知症療養指導料3
    300点

1 1については、当該保険医療機関の紹介により他の保険医療機関において認知 症の鑑別診断を受け、区分番号B005-7に掲げる認知症専門診断管理料1を 算定した患者であって、入院中の患者以外の患者又は療養病棟に入院している患 者に対して、当該保険医療機関において、認知症療養計画に基づいた治療を行う とともに、当該患者又はその家族等の同意を得た上で、当該他の保険医療機関に 当該患者に係る診療情報を文書により提供した場合に、当該治療を行った日の属する月を含め6月を限度として、月1回に限り算定する。

2 2については、当該保険医療機関の紹介により他の保険医療機関において区分 番号B005-7-3に掲げる認知症サポート指導料を算定した患者であって、 入院中の患者以外のものに対して、当該他の保険医療機関から認知症の療養方針 に係る助言を得て、当該保険医療機関において、認知症療養計画に基づいた治療 を行うとともに、当該患者又はその家族等の同意を得た上で、当該他の保険医療 機関に当該患者に係る診療情報を文書により提供した場合に、当該治療を行った 日の属する月を含め6月を限度として、月1回に限り算定する。

3 3については、新たに認知症と診断された患者又は認知症の病状変化により認 知症療養計画の再検討が必要な患者であって、入院中の患者以外のものに対して、認知症患者に対する支援体制の確保に協力している医師が、当該患者又はその 家族等の同意を得て、療養方針を決定し、認知症療養計画を作成の上、これらを 当該患者又はその家族等に説明し、文書により提供するとともに、当該保険医療 機関において当該計画に基づく治療を行う場合に、当該治療を開始した日の属す る月を含め6月を限度として、月1回に限り算定する。

4 注1及び注2の規定に基づく他の保険医療機関への文書の提供に係る区分番号 B009に掲げる診療情報提供料(Ⅰ)及び区分番号B011に掲げる診療情報提 供料(Ⅲ)の費用は、所定点数に含まれるものとする。

5 1から3までは同時に算定できず、区分番号B000に掲げる特定疾患療養管 理料及び区分番号I002に掲げる通院・在宅精神療法は、別に算定できない。

通知

(1) 認知症療養指導料は、保険医療機関が認知症の患者に対して、認知症療養計画に基づき、 症状の定期的な評価(認知機能(MMSE、HDS-R等)、生活機能(ADL、IAD L等)、行動・心理症状(NPI、DBD等)等)、家族又は介護者等による介護の状況

(介護負担度の評価(NPI等))の定期的な評価、抗認知症薬等の効果や副作用の有無 等の定期的な評価等を行い、診療録にその要点を記載し、療養指導を行うこと。

(2) 「1」については、認知症疾患医療センターで認知症と診断された患者について、当該 認知症疾患医療センターにおいて作成された認知症療養計画に基づき、(1)に規定する定 期的な評価等を行った場合に算定する。

(3) 「2」については、認知症の患者であって、病状悪化や介護負担の増大等が生じたもの について、療養に係る助言を得ることを目的に、地域において認知症患者に対する支援体 制の確保に協力している認知症サポート医に紹介した場合であって、当該認知症サポート 医の助言を受けて、認知症に係る療養計画を作成した上で、(1)に規定する定期的な評価 等を行った場合に算定する。ただし、当該認知症サポート医からの文書により、当該認知 症サポート医が区分番号「B005-7-3」認知症サポート指導料を算定していること が明らかな場合に限る。また、認知症に係る療養計画については診療録に記載すること。

(4) 「3」については、初めて認知症と診断された患者又は認知症の患者であって病状悪化 や介護負担の増大等が生じたものに対し、地域において認知症患者に対する支援体制の確 保に協力している認知症サポート医が、「別紙様式 32」及び「別紙様式 32 の2」又はこ れらに準じて認知症療養計画を作成した上で、(1)に規定する定期的な評価等を行った場 合に算定する。

(5) 地域において認知症患者に対する支援体制の確保に協力している認知症サポート医とは、 アに加え、イ又はウのいずれかを満たす医師をいう。

ア 国立研究開発法人国立長寿医療研究センターが都道府県又は指定都市の委託を受けて 実施する認知症サポート医養成研修を修了した医師であること。

イ 直近 1 年間に、「認知症初期集中支援チーム」等、市区町村が実施する認知症施策に 協力している実績があること。

ウ 直近 1 年間に、都道府県医師会又は指定都市医師会を単位とした、かかりつけ医等を 対象とした認知症対応力の向上を図るための研修の講師を務めた実績があること


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。