第1部 医学管理等
  1. B000 特定疾患療養管理料
  1. B001 特定疾患治療管理料
  1. B001-2 小児科外来診療料(1日につき)
  1. B001-2-2 地域連携小児夜間・休日診療料
  1. B001-2-3 乳幼児育児栄養指導料
  1. B001-2-4 地域連携夜間・休日診療料
  1. B001-2-5 院内トリアージ実施料
  1. B001-2-6 夜間休日救急搬送医学管理料
  1. B001-2-7 外来リハビリテーション診療料
  1. B001-2-8 外来放射線照射診療料
  1. B001-2-9 地域包括診療料(月1回)
  1. B001-2-10 認知症地域包括診療料(月1回)
  1. B001-2-11 小児かかりつけ診療料(1日につき)
  1. B001-3 生活習慣病管理料
  1. B001-3-2 ニコチン依存症管理料
  1. B001-4 手術前医学管理料
  1. B001-5 手術後医学管理料(1日につき)
  1. B001-6 肺血栓塞栓症予防管理料
  1. B001-7 リンパ浮腫指導管理料
  1. B001-8 臍ヘルニア圧迫指導管理料
  1. B001-9 療養・就労両立支援指導料
  1. B002 開放型病院共同指導料(Ⅰ)
  1. B003 開放型病院共同指導料(Ⅱ)
  1. B004 退院時共同指導料1
  1. B005 退院時共同指導料2
  1. B005-1-2 介護支援等連携指導料
  1. B005-1-3 介護保険リハビリテーション移行支援料
  1. B005-4 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)
  1. B005-5 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅱ)
  1. B005-6 がん治療連携計画策定料
  1. B005-6-2 がん治療連携指導料
  1. B005-6-3 がん治療連携管理料
  1. B005-6-4 外来がん患者在宅連携指導料
  1. B005-7 認知症専門診断管理料
  1. B005-7-2 認知症療養指導料
  1. B005-7-3 認知症サポート指導料
  1. B005-8 肝炎インターフェロン治療計画料
  1. B005-9 外来排尿自立指導料
  1. B005-10 ハイリスク妊産婦連携指導料1
  1. B005-10-2 ハイリスク妊産婦連携指導料2
  1. B005-11 遠隔連携診療料
  1. B006 救急救命管理料
  1. B006-2 削除
  1. B006-3 退院時リハビリテーション指導料
  1. B007 退院前訪問指導料
  1. B007-2 退院後訪問指導料
  1. B008 薬剤管理指導料
  1. B008-2 薬剤総合評価調整管理料
  1. B009 診療情報提供料(Ⅰ)
  1. B009-2 電子的診療情報評価料
  1. B010 診療情報提供料(Ⅱ)
  1. B010-2 診療情報連携共有料
  1. B011 診療情報提供料(Ⅲ)
  1. B011-2 削除
  1. B011-3 薬剤情報提供料
  1. B011-4 医療機器安全管理料
  1. B012 傷病手当金意見書交付料
  1. B013 療養費同意書交付料
  1. B014 退院時薬剤情報管理指導料
  1. B015 精神科退院時共同指導料
  1. B016 精神科退院時共同指導料
令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第1部 医学管理等 > B008-2 薬剤総合評価調整管理料

B008-2 薬剤総合評価調整管理料

  1. B008-2 薬剤総合評価調整管理料
    250点

1 入院中の患者以外の患者であって、6種類以上の内服薬(特に規定するものを 除く。)が処方されていたものについて、当該処方の内容を総合的に評価及び調 整し、当該患者に処方する内服薬が2種類以上減少した場合に、月1回に限り所 定点数を算定する。

2 処方の内容の調整に当たって、別の保険医療機関又は保険薬局に対して、照会 又は情報提供を行った場合、連携管理加算として、50点を所定点数に加算する。 ただし、連携管理加算を算定した場合において、区分番号B009に掲げる診療 情報提供料(Ⅰ)(当該別の保険医療機関に対して患者の紹介を行った場合に限る。)は同一日には算定できない。

通知

(1) 薬剤総合評価調整管理料は、内服を開始して4週間以上経過した内服薬が6種類以上 処方されている入院中の患者以外の患者に対して、複数の薬剤の投与により期待される 効果と副作用の可能性等について、当該患者の病状及び生活状況等に伴う服薬アドヒア ランスの変動等について十分に考慮した上で、総合的に評価を行い、処方内容を検討し た結果、処方される内服薬が減少した場合について評価したものである。

(2) 薬剤総合評価調整管理料は、当該保険医療機関で処方された内服薬の種類数が2種類 以上減少し、その状態が4週間以上継続すると見込まれる場合に算定する。ただし、他 の保険医療機関から投薬を受けていた患者については、当該保険医療機関及び当該他の 保険医療機関で処方された内服薬を合計した種類数から2種類以上減少した場合につい ては、区分番号「A250」に掲げる薬剤総合評価調整加算と合わせて、1か所の保険 医療機関に限り算定できることとする。この場合には当該他の保険医療機関名及び各保 険医療機関における調整前後の薬剤の種類数を診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。 また、保険薬局からの提案を踏まえて、処方内容の評価を行い、処方内容を調整した場 合には、その結果について当該保険薬局に情報提供を行う。

(3) 連携管理加算は、処方内容の総合調整に当たって、薬効の類似した処方又は相互作用 を有する処方等について、患者が受診する他の保険医療機関又は保険薬局に照会を行っ た場合及び当該他の保険医療機関等からの情報提供を受けて、処方内容の調整又は評価 を行い、その結果について当該他の保険医療機関等に情報提供を行った場合に算定する。

(4) 受診時において当該患者が処方されている内服薬のうち、屯服薬については内服薬の 種類数から除外する。また、服用を開始して4週間以内の薬剤については、調整前の内 服薬の種類数から除外する。

(5) 当該管理料の算定における内服薬の種類数の計算に当たっては、錠剤、カプセル剤、 散剤、顆粒剤及び液剤については、1銘柄ごとに1種類として計算する。

(6) 医師が内服薬を総合的に評価及び調整するに際しては、「高齢者の医薬品適正使用の 指針(総論編)」(厚生労働省)、「高齢者の医薬品適正使用の指針(各論編(療養環 境別))」(厚生労働省)、日本老年医学会の関連ガイドライン(高齢者の安全な薬物 療法ガイドライン)等を参考にすること。

(7) 医師が内服薬を調整するに当たっては、評価した内容や調整の要点を診療録に記載す る。

(8) 当該保険医療機関で区分番号「A250」の「注2」に掲げる薬剤調整加算又は薬剤 総合評価調整管理料を1年以内に算定した場合においては、前回の算定に当たって減少 した後の内服薬の種類数から更に2種類以上減少しているときに限り新たに算定するこ とができる。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。