今日の臨床サポート

    • 検索結果

医科第2章 特掲診療料第1部 医学管理等 > B001-2-6 夜間休日救急搬送医学管理料

B001-2-6 夜間休日救急搬送医学管理料

  1. B001-2-6 夜間休日救急搬送医学管理料
    600点

1 別に厚生労働大臣が定める施設基準を満たす保険医療機関において、当該保険 医療機関が表示する診療時間以外の時間(土曜日以外の日(休日を除く。)にあ っては、夜間に限る。)、休日又は深夜において、救急用の自動車等により緊急 に搬送された患者に対して必要な医学管理を行った場合に、区分番号A000に掲げる初診料を算定する初診の日に限り算定する。

2 急性薬毒物中毒(アルコール中毒を除く。)と診断された患者又は過去6月以 内に精神科受診の既往がある患者に対して必要な医学管理を行った場合には、精 神科疾患患者等受入加算として、400点を所定点数に加算する。

3 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等 に届け出た保険医療機関において、必要な医学管理を行った場合は、当該基準に 係る区分に従い、次に掲げる点数をそれぞれ所定点数に加算する。

イ 救急搬送看護体制加算1 400点

ロ 救急搬送看護体制加算2 200点

通知

(1) 夜間休日救急搬送医学管理料については、第二次救急医療機関(都道府県が作成する 医療計画において、入院を要する救急医療を担う医療機関であって、第三次救急医療機 関以外のものをいう。)又は都道府県知事若しくは指定都市市長の指定する精神科救急 医療施設において、深夜、時間外(土曜日以外の日(休日を除く。)にあっては、夜間に 限る。)、休日に、救急用の自動車(消防法及び消防法施行令に規定する市町村又は都道 府県の救急業務を行うための救急隊の救急自動車、並びに道路交通法及び道路交通法施 行令に規定する緊急自動車(傷病者の緊急搬送に用いるものに限る。)をいう。)及び

救急医療用ヘリコプターを用いた救急医療の確保に関する特別措置法第2条に規定する 救急医療用ヘリコプターにより搬送された患者であって初診のものについて、必要な医 学管理が行われた場合に算定する。

なお、夜間及び深夜の取扱いは、往診料の場合と同様である。

(2) 「注2」に規定する精神科疾患患者等受入加算の対象患者は、深夜、時間外又は休日 に救急用の自動車及び救急医療用ヘリコプターで搬送された患者のうち、以下のいずれ かのものとする。

イ 過去6月以内に精神科受診の既往がある患者

ロ アルコール中毒を除く急性薬毒物中毒が診断された患者

(3) B001-2-5「院内トリアージ実施料」を算定した患者には夜間休日救急搬送医 学管理料は算定できない。

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから