今日の臨床サポート

    • 検索結果

医科第2章 特掲診療料第1部 医学管理等 > B001-7 リンパ浮腫指導管理料

B001-7 リンパ浮腫指導管理料

  1. B001-7 リンパ浮腫指導管理料
    100点

1 保険医療機関に入院中の患者であって、鼠径部、骨盤部若しくは腋窩部のリンパ節郭清を伴う悪性腫瘍に対する手術を行ったもの又は原発性リンパ浮腫と診断 されたものに対して、当該手術を行った日の属する月又はその前月若しくは翌月 のいずれか(原発性リンパ浮腫と診断されたものにあっては、当該診断がされた 日の属する月又はその翌月のいずれか)に、医師又は医師の指示に基づき看護師、理学療法士若しくは作業療法士が、リンパ浮腫の重症化等を抑制するための指 導を実施した場合に、入院中1回に限り算定する。

2 注1に基づき当該点数を算定した患者であって当該保険医療機関を退院したも のに対して、当該保険医療機関又は当該患者の退院後において区分番号B005-6の注1に規定する地域連携診療計画に基づいた治療を担う他の保険医療機関(当該患者について区分番号B005-6-2に掲げるがん治療連携指導料を算 定した場合に限る。)において、退院した日の属する月又はその翌月に注1に規定する指導を再度実施した場合に、当該指導を実施した、いずれかの保険医療機 関において、1回に限り算定する。

通知

(1) リンパ浮腫指導管理料は、手術前若しくは手術後又は診断時若しくは診断後において、 以下に示す事項について、個別に説明及び指導管理を行った場合に算定できる。

当該指導管理料は、当該指導管理料の算定対象となる手術を受けた保険医療機関に入 院中に当該説明及び指導管理を行った場合に1回、当該保険医療機関を退院した後に、 当該保険医療機関又は当該患者の退院後において区分番号「B005-6」の「注1」 に規定する地域連携診療計画に基づいた治療を担う他の保険医療機関(当該患者につい て区分番号「B005-6-2」がん治療連携指導料を算定した場合に限る。)におい て当該説明及び指導管理を行った場合にいずれか一方の保険医療機関において1回に限 り、算定できる。

ア リンパ浮腫の病因と病態

イ リンパ浮腫の治療方法の概要

ウ セルフケアの重要性と局所へのリンパ液の停滞を予防及び改善するための具体的実 施方法

(イ) リンパドレナージに関すること

(ロ) 弾性着衣又は弾性包帯による圧迫に関すること

(ハ) 弾性着衣又は弾性包帯を着用した状態での運動に関すること (ニ) 保湿及び清潔の維持等のスキンケアに関すること

エ 生活上の具体的注意事項 リンパ浮腫を発症又は増悪させる感染症又は肥満の予防に関すること

オ 感染症の発症等増悪時の対処方法 感染症の発症等による増悪時における診察及び投薬の必要性に関すること

(2) 指導内容の要点を診療録等に記載する。

(3) 手術前においてリンパ浮腫に関する指導を行った場合であって、結果的に手術が行わ れなかった場合にはリンパ浮腫指導管理料は算定できない。

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから