今日の臨床サポート

    • 検索結果

医科第2章 特掲診療料第1部 医学管理等 > B005-4 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)

B005-4 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)

  1. B005-4 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)
    800点

注 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に 届け出た保険医療機関において、診療に基づき紹介した患者(別に厚生労働大臣が 定める状態等であるものに限る。)が病院である別の保険医療機関(区分番号A236-2に掲げるハイリスク妊娠管理加算の注又は区分番号A237に掲げるハイリスク分娩管理加算の注1に規定する施設基準に適合しているものとして届け出た保険医療機関に限る。)に入院中である場合において、当該病院に赴いて、当該病院の保険医と共同してハイリスク妊娠又はハイリスク分娩に関する医学管理を共同して行った場合に、当該患者を紹介した保険医療機関において患者1人につき1回算定する。

通知

(1) ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)は、診療に基づき患者を紹介した医師(以下この項に おいて「紹介元医師」という。)が、当該患者が入院中である紹介先の病院に赴き、紹介 先の病院の医師と共同で、医学管理等を行った場合に患者1人につき1回に限り、算定で きるものであり、その算定は紹介元医師が属する保険医療機関において行う。

(2) ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)を算定した場合は、区分番号「A001」再診料、区 分番号「A002」外来診療料、区分番号「C000」往診料及び区分番号「C001」 在宅患者訪問診療料(Ⅰ)の「1」等は算定できない。

(3) 紹介元医師による紹介に基づき紹介先の病院に入院している患者に対して、当該紹介元 医師が病院に赴き診療、指導等を行った場合において、その患者について、区分番号「B 009」診療情報提供料(Ⅰ)が既に算定されている場合であっても、その算定された日を 除き、ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)を算定できる。

(4) ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)を算定する場合、紹介元医師の診療録には、紹介先の 病院において患者の医学管理等を行った事実を記載し、紹介先の病院の診療録には紹介元 医師による医学管理等が行われた旨を記載する。

(5) ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅱ)は、紹介元医師の属する保険医療機関がハイリスク妊 産婦共同管理料(Ⅰ)を算定した場合に、紹介先の病院において算定する。

(6) 自院にて診療していた妊産婦の状態に異常が認められたために、他院へ搬送する場合に おいて、医師が搬送先医療機関まで付き添い、搬送先の病院の医師と共同で医学管理等を 行った場合においても算定できる。

(7) ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)は、区分番号「C004」救急搬送診療料と併せて算 定することができる。

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから