今日の臨床サポート

    • 検索結果

医科第2章 特掲診療料第1部 医学管理等 > B013 療養費同意書交付料

B013 療養費同意書交付料

  1. B013 療養費同意書交付料
    100点

注 健康保険法第87条の規定による療養費(柔道整復以外の施術に係るものに限る。)に係る同意書を交付した場合に算定する。

通知

(1) 療養費同意書交付料は、原則として当該疾病に係る主治の医師が、診察に基づき、療養 の給付を行うことが困難であると認めた患者に対し、あん摩・マッサージ・指圧、はり、 きゅうの施術に係る同意書又は診断書(以下「同意書等」という。)を交付した場合に算 定する。

(2) あん摩・マッサージ・指圧の施術に係る療養費の支給対象となる適応症は、一律にその 診断名によることなく筋麻痺・関節拘縮等であって、医療上マッサージを必要とする症例 について支給対象とされている。

(3) はり、きゅうの施術に係る療養費の支給対象となる疾病は、慢性病であって医師による 適当な治療手段がないものとされており、主として神経痛・リウマチなどであって、類症 疾患についてはこれらの疾病と同一範疇と認められる疾病(頸腕症候群・五十肩・腰痛症 及び頸椎捻挫後遺症等の慢性的な疼痛を症状とする疾患)に限り支給対象とされているも のである。具体的には、神経痛、リウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺 症について、保険医より同意書の交付を受けて施術を受けた場合は、保険者は医師による 適当な治療手段のないものとし療養費の支給対象として差し支えないものとされている。 また、神経痛、リウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症及び頸椎捻挫後遺症以外の疾病に よる同意書又は慢性的な疼痛を主症とする6疾病以外の類症疾患について診断書が提出さ れた場合は、記載内容等から医師による適当な治療手段のないものであるか支給要件を保 険者が個別に判断し、支給の適否が決定されるものである。なお、これらの疾病について は、慢性期に至らないものであっても差し支えないものとされている。

(4) あん摩・マッサージ・指圧及びはり、きゅうについて、保険医療機関に入院中の患者の 施術は、当該保険医療機関に往療した場合、患者が施術所に出向いてきた場合のいずれで あっても療養費は支給されず、はり、きゅうについて、同一疾病に係る療養の給付(診察、 検査及び療養費同意書交付を除く。)との併用は認められていない。

(5) 初療の日から3月(変形徒手矯正術に係るものについては1月)を経過してさらにこれ らの施術を受ける必要がある場合において、同意書等を再度交付する場合にも別に算定で きる。ただし、同意書等によらず、医師の同意によった場合には算定できない。

(6) 医師が同意書等を交付した後に、被保険者等が当該同意書等を紛失し、再度医師が同意 書等を交付した場合は、最初に同意書等を交付した際にのみ算定できる。この場合におい て、2度目の同意書等の交付に要する費用は、被保険者の負担とする。

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから