第1部 医学管理等
  1. B000 特定疾患療養管理料
  1. B001 特定疾患治療管理料
  1. B001-2 小児科外来診療料(1日につき)
  1. B001-2-2 地域連携小児夜間・休日診療料
  1. B001-2-3 乳幼児育児栄養指導料
  1. B001-2-4 地域連携夜間・休日診療料
  1. B001-2-5 院内トリアージ実施料
  1. B001-2-6 夜間休日救急搬送医学管理料
  1. B001-2-7 外来リハビリテーション診療料
  1. B001-2-8 外来放射線照射診療料
  1. B001-2-9 地域包括診療料(月1回)
  1. B001-2-10 認知症地域包括診療料(月1回)
  1. B001-2-11 小児かかりつけ診療料(1日につき)
  1. B001-3 生活習慣病管理料
  1. B001-3-2 ニコチン依存症管理料
  1. B001-4 手術前医学管理料
  1. B001-5 手術後医学管理料(1日につき)
  1. B001-6 肺血栓塞栓症予防管理料
  1. B001-7 リンパ浮腫指導管理料
  1. B001-8 臍ヘルニア圧迫指導管理料
  1. B001-9 療養・就労両立支援指導料
  1. B002 開放型病院共同指導料(Ⅰ)
  1. B003 開放型病院共同指導料(Ⅱ)
  1. B004 退院時共同指導料1
  1. B005 退院時共同指導料2
  1. B005-1-2 介護支援等連携指導料
  1. B005-1-3 介護保険リハビリテーション移行支援料
  1. B005-4 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅰ)
  1. B005-5 ハイリスク妊産婦共同管理料(Ⅱ)
  1. B005-6 がん治療連携計画策定料
  1. B005-6-2 がん治療連携指導料
  1. B005-6-3 がん治療連携管理料
  1. B005-6-4 外来がん患者在宅連携指導料
  1. B005-7 認知症専門診断管理料
  1. B005-7-2 認知症療養指導料
  1. B005-7-3 認知症サポート指導料
  1. B005-8 肝炎インターフェロン治療計画料
  1. B005-9 外来排尿自立指導料
  1. B005-10 ハイリスク妊産婦連携指導料1
  1. B005-10-2 ハイリスク妊産婦連携指導料2
  1. B005-11 遠隔連携診療料
  1. B006 救急救命管理料
  1. B006-2 削除
  1. B006-3 退院時リハビリテーション指導料
  1. B007 退院前訪問指導料
  1. B007-2 退院後訪問指導料
  1. B008 薬剤管理指導料
  1. B008-2 薬剤総合評価調整管理料
  1. B009 診療情報提供料(Ⅰ)
  1. B009-2 電子的診療情報評価料
  1. B010 診療情報提供料(Ⅱ)
  1. B010-2 診療情報連携共有料
  1. B011 診療情報提供料(Ⅲ)
  1. B011-2 削除
  1. B011-3 薬剤情報提供料
  1. B011-4 医療機器安全管理料
  1. B012 傷病手当金意見書交付料
  1. B013 療養費同意書交付料
  1. B014 退院時薬剤情報管理指導料
  1. B015 精神科退院時共同指導料
  1. B016 精神科退院時共同指導料
令和2年度 診療報酬点数 医科第2章 特掲診療料第1部 医学管理等 > B014 退院時薬剤情報管理指導料

B014 退院時薬剤情報管理指導料

  1. B014 退院時薬剤情報管理指導料
    90点

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル

1 保険医療機関が、患者の入院時に当該患者が服薬中の医薬品等について確認す るとともに、当該患者に対して入院中に使用した主な薬剤の名称(副作用が発現 した場合については、当該副作用の概要、講じた措置等を含む。)に関して当該 患者の手帳に記載した上で、退院に際して当該患者又はその家族等に対して、退 院後の薬剤の服用等に関する必要な指導を行った場合に、退院の日に1回に限り 算定する。この場合において、同一日に、区分番号B005に掲げる退院時共同 指導料2(注1の規定により、入院中の保険医療機関の薬剤師が指導等を行った 場合に限る。)は、別に算定できない。

2 保険医療機関が、入院前の内服薬の変更をした患者又は服用を中止した患者に ついて、保険薬局に対して、当該患者又はその家族等の同意を得て、その理由や 変更又は中止後の当該患者の状況を文書により提供した場合に、退院時薬剤情報 連携加算として、60点を所定点数に加算する。

通知

(1) 退院時薬剤情報管理指導料は、医薬品の副作用や相互作用、重複投薬を防止するため、 患者の入院時に、必要に応じ保険薬局に照会するなどして薬剤服用歴や患者が持参した医 薬品等(医薬部外品及びいわゆる健康食品等を含む。)を確認するとともに、入院中に使 用した主な薬剤の名称等について、患者の薬剤服用歴が経時的に管理できる手帳(区分番 号「B011-3」薬剤情報提供料の(2)に掲げる手帳をいう。以下同じ。)に記載し

た上で、患者の退院に際して当該患者又はその家族等に対して、退院後の薬剤の服用等に 関する必要な指導を行った場合に、退院の日に1回に限り算定する。なお、ここでいう退 院とは、第1章第2部通則5に規定する入院期間が通算される入院における退院のことを いい、入院期間が通算される再入院に係る退院日には算定できない。

(2) 入院時に、医薬品の服用状況及び薬剤服用歴を手帳等により確認するとともに、患者が、 医薬品等を持参している場合には、当該医薬品等について実際に確認し、その名称等及び 確認した結果の要点を診療録等に記載する。

(3) 入院中に使用した薬剤のうち、どの薬剤について手帳に記載するかは、患者の病態や使 用する薬剤の種類によるが、少なくとも、退院直前(概ね退院前1週間以内)に使用した 薬剤及び入院中に副作用が発現した薬剤については記載する。副作用が発現した薬剤につ いては、投与量、当該副作用の概要、投与継続の有無を含む講じた措置、転帰等について 記載する。

(4) 患者の退院に際して、当該患者又はその家族等に、退院後の薬剤の服用等に関する必要 な指導(保険医療機関を受診する際や保険薬局に処方箋を提出する際に、手帳を提示する 旨の指導を含む。)を行うとともに、退院後の療養を担う保険医療機関での投薬又は保険 薬局での調剤に必要な服薬の状況及び投薬上の工夫に関する情報について、手帳に記載す ること。なお、指導の要点についても、分かりやすく手帳に記載し、必要に応じて退院時 の処方に係る薬剤の情報を文書で提供すること。なお、退院後、在宅療養を必要とする患 者であって、手帳にかかりつけ薬剤師の氏名が記載されている場合は、退院後の薬学的管 理及び指導に関しかかりつけ薬剤師への相談を促すよう努めること。

また、入院時に当該患者が持参した医薬品の服用状況等について保険薬局から提供を受 けた場合には、患者の退院に際して、患者の同意を得たうえで、当該保険薬局に対して当 該患者の入院中の使用薬剤や服薬の状況等について情報提供すること。

(5) 手帳を所有している患者については、原則として、退院時までに家族等に持参してもら うこととするが、持参できない場合には、必要な情報が記載された簡潔な文書(シール等) を交付し、所有している手帳に添付するよう、患者に対して指導を行った場合又は新たに 手帳を発行した場合でも算定できる。

(6) 退院時薬剤情報管理指導料を算定した場合は、薬剤情報を提供した旨及び提供した情報 並びに指導した内容の要点を診療録等に記載する。なお、区分番号「B008」薬剤管理 指導料を算定している患者の場合にあっては、薬剤管理指導記録に記載することで差し支 えない。

(7) 「注2」に規定する退院時薬剤情報連携加算は、地域における継続的な薬学的管理指導 を支援するため、保険医療機関から保険薬局に対して、患者の入院前の処方薬の変更又は 中止に関する情報や変更又は中止後の患者の状態等に関する情報を提供することを評価す るものである。

(8) 「注2」に規定する退院時薬剤情報連携加算は、退院時薬剤情報管理指導料の算定対象 となる患者であって、入院前の処方の内容に変更又は中止の見直しがあったものに対して、 患者又はその家族等の同意を得て、退院時に見直しの理由や見直し後の患者の状態等を、 患者又はその家族等の選択する保険薬局に対して、文書で情報提供を行った場合に、退院 の日に1回に限り算定する。なお、患者1人につき複数の保険薬局に対し情報提供を行っ

た場合においても、1回のみの算定とする。

(9) 保険薬局への情報提供に当たっては、「薬剤管理サマリー」(日本病院薬剤師会)等の 様式を参照して情報提供文書を作成し、当該文書を患者若しくはその家族等又は保険薬局 に交付する。この場合において交付した文書の写しを診療録等に添付する。

(10) 死亡退院の場合は算定できない。


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!